13メタニウムにIXAハイパーオフセットカーボンハンドル取り付け!

13メタニウムのカスタムについてご紹介します。

2013年3月にシマノの最先端技術を詰め込み07メタニウムがフルモデルチェンジされました。

発売して約半年が経ち、釣り番組や実際に釣りに行っても見ることが多く、大ヒットリールとなりました。

13メタニウムを購入することができたので、カスタムにチャレンジしてみました。

今回交換するパーツは、ハンドル・ドラグ・ベアリングの3つです。

1.各パーツ取り出し

カーボンハンドル、カーボンスタードラグ

ハンドル:IXA ハイパーオフセットカーボンハンドル シマノ用 85mm 右ハンドル(約15.3g)
ドラグ:IXA 軽量カーボンスタードラグ 13メタニウム用(約4.2g)

オフセットハンドルに交換する場合、スタードラグも同時交換が必要な場合ありますが、13メタニウムは純正ハンドルが元々3mmオフセットされてあるのでスタードラグは純正でも使えます。

ちなみにIXAのカーボンハンドルのオフセット量は5mmとなっています。

今回は軽量化とカラー統一の問題で、スタードラグも専用のカーボンスタードラグに交換することにしました。

2.ハンドル&ドラグ交換

13メタニウム ハンドル&ドラグ交換

ハンドルとスタードラグを取り外します。

13メタニウム スタードラグ

純正スタードラグについてある留め金を外します。

13メタニウム スタードラグ

クリックピンが当たる丸いデコボコの部分に少しだけグリスを塗っておくと滑らかになります。

13メタニウム スタードラグ

IXAのカーボンスタードラグに移植してドラグの準備ができました。

3.ベアリング交換

13メタニウム ベアリング交換

ベアリングはハンドルを付けてからでも交換できますが、このタイミングでかっ飛びチューニングキットに交換しておきます。

4.完成

13メタニウム ハンドル&ドラグ交換完了

カーボンスタードラグとカーボンハンドルを取り付けて完成です!

IXAのカーボンハンドルに純正のノブを付けることは出来なかったです。

また、IXAのノブはツルツルなので滑りやすいですが、慣れれば問題なさそうです。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です