21スコーピオンDC

シマノ「21スコーピオンDC」インプレ・レビュー!意外と使えるスプール幅と熟成したI-DC5の性能!

21スコーピオンDCを実釣で使ってきましたのでインプレします。

スプール幅25mmのMGLスプールにDCを搭載したことで密かに注目されている21スコーピオンDC。

当方21アンタレスDCも所有していますが、新しくなったスコーピオンDCの性能が気になり、XGモデルを購入して使用感を確かめてみました。

今回は、飛距離は飛ぶのか?新しいI-DC5の性能は?バックラッシュはしないのか?などに集点をおいて、このリールの良し悪しをお伝えできればと思います。

検討されている方がいましたら、購入の際の参考にしてみてください。

結論:可もなく不可もなく優秀なDCリール

21スコーピオンDC

21スコーピオンDCを使ってまず思ったのはI-DC5の性能が格段に上がっています。

遠投での飛距離は体感で20SLX DCよりも飛びますし、外部ダイヤル4とWモードではノーサミングでのキャストが可能なほどバックラッシュに強いリールです。

また、外部ダイヤル1や2でもブレーキが良く効き、他機種のI-DC5より調整幅が狭くなっているように感じましたが、風や場所など状況が刻一刻と変化する中でDCブレーキがしっかり効くのはメリットが大きいと思いました。

21スコーピオンDC

スプール幅25mmは太系を巻いてロングキャストしても目減りが少なく、どのキャスト範囲でも安定したリトリーブスピードを確保できます。

軽いルアーはやはり向きませんでしたけど、1/4oz前後のルアーなら問題なくキャストでき、MGLスプールのおかげで立ち上がりの悪さも抑えられている印象でした。

特別優れた性能があるわけではありませんでしたが、バスはもちろんソルト含めオールラウンドに使えるDCリールではないでしょか。

21スコーピオンDC インプレ・レビュー!

スペックはシマノのホームページに載っていますので省略して、ここからは釣り場で使用した意見を細かく述べていきます。

デザインや外観

21スコーピオンDC

2017年の旧モデルの黒系から、シルバーに赤をアクセントとしたデザインになりました。

むかし人気だった11スコーピオンDCを思い出すような外観ですね。

レベルワインダーやクラッチには樹脂が使われていて多少チープ感はあるものの、この価格帯のリールとしては頑張っている方だと思います。

また、メカニカルブレーキにはスコーピオンのロゴが刻印されており、ロゴが主張しすぎない点も良いですね。

飛距離・キャストフィール

21スコーピオンDC

肝心の飛距離は、数あるDCリールの中で上位に入るほど良く飛ぶリールです。

幅25mmのスプールを物ともせずぐんぐん飛距離が伸びます!

ワイドスプールはレベルワインダーとの抵抗感で飛距離が落ちるんじゃないかと思っていたんですが、この辺は22mmとあまり変わらなかったのは意外でした。

ただ、幅19mmのナロースプールの方がもっと飛ぶので、飛距離を目的としてこのリールを選ぶことはなく、トラブルレスに特化したリールと思っていただいた方が良いです。

巻き心地・パーミング

21スコーピオンDC

21スコーピオンDCで意外に良かったのが巻き心地です。

真鍮のマイクロモジュールギアを搭載したので当たり前かもしれませんが、非常に滑らかでシルキーな巻き味です。

また、ボディ全体が低く抑えられているためスプールに親指が届きやすくサミングやパーミングがしやすかったです。

最近はナロースプールばかり使っていたせいか、幅25mmもあるスプールを親指で抑える感触は少し新鮮でした。

ノーサミングも可能なI-DC5を搭載

I-DC5

I-DC5は内部ダイヤルにPE・N・F、外部ダイヤルに1・2・3・4・Wのモードが用意されています。

内部ダイヤルをFに設定して、外部ダイヤルを4とWではノーサミングでのキャストが可能です。

20SLX DCでノーサミングキャストしようとした場合、外部ダイヤル4に設定してメカニカルブレーキを少し閉める必要がありましたが、21スコーピオンDCは0ポジションでノーサミング可能です。

また、4とWはほとんど変わらないので、Wは正直あまり意味のないモードのように思いました…

更に外部ダイヤル1でもブレーキが良くかかるため、意外と使えるモードとなっています。

3/8ozクラスのルアーを快適にキャストしようとすると外部ダイヤル2が一番扱いやすく、ルアーの重さや状況に合わせて1〜3を使い分けることになるでしょう。

買って良かった点・悪かった点

良かった点

21スコーピオンDC

  • 外部からブレーキ調整が可能で設定に悩まない
  • バックラッシュが減りトラブルフリー
  • 豊富なラインキャパシティ

I-DC5は外部ダイヤルで簡単にブレーキ設定ができるので設定に悩むことはありません。

DCの性能も上がってバックラッシュに強くなり、シビアな状況下でもトラブルフリーに扱えたことが21スコーピオンを選んで最も良かった点と言えますね。

また、ラインキャパが多いDCリールは少なく、太糸やPEを巻く用途にはぴったりでした。

悪かった点

I-DC5

  • 内部ダイヤルが調整しにくい
  • 左右対象型のクラッチレバー
  • 軽いルアーは苦手

21スコーピオンDCで気に入らなかった点は内部ダイヤルの位置です。

あまり触らない部分なのでそこまで問題はないのですが、サイドプレートの隠れた位置にあってかなり動かしにくいと思いました…

また、クラッチは左右対象型のレバーで押した感触が安っぽく、あまり良いものとは言えません。

個人的には20メタニウムなど普通のクラッチレバーの方が押しやすいですね…

そしてDCリールの宿命ですが、スプールが重い関係で軽いルアーが苦手だったり、用途が限られるデメリットも出てきます。

21スコーピオンDCはこんな人におすすめ

21スコーピオンDC・20SLXDC

バス釣りで21スコーピオンDCを検討している方は、20SLX DCと迷う方も多いのではないでしょうか。

21スコーピオンDCは2万円台後半と安くはなく、DCに絞らなければ18バンタムMGLや19スコーピオンMGLも買える価格帯です。

コスパ重視で選ぶなら20SLX DCで間違いないですが、DCとラインキャパが必要という方でない限り21スコーピオンDCを選ぶメリットは少ないと思います。

そのため、トラブルレス性能に加えてラインキャパも欲しいという人には、特におすすめできるのではないでしょうか。

まとめ

ブラックバス

今回は21スコーピオンDCについてインプレしました。

DCの性能は間違いなく進化しており、MGLスプールとの組み合わせで飛距離も良く飛び、総合的に見て優秀なDCリールです。

アンタレスDCやカルコンDCなど上位機種には太刀打ちできませんが、釣りをする上で必要十分な性能を発揮してくれます。

購入を検討されている方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です