チビタレル デッドライズ

ジャッカル「チビタレルデッドライズ」インプレと使い方!横向きから縦向きにスラロームするギル系ルアー!

ジャッカルのチビタレルデッドライズを使ってきましたのでインプレします。

あのチビタレルに新しいモデルが追加されました。

チビタレルは以前からありましたが、デッドライズはフロントフックの位置が横に変更され、水面へユラユラと浮上する溺死アクションで弱った魚を演出することができるルアーになっています。

この記事では、チビタレルデッドライズをインプレしつつ、使い方やタックルについて解説していきます。

チビタレルデッドライズのインプレ

横向きから縦向きにスラロームする

チビタレル デッドライズ

まずデッドライズを使って凄いと思ったことは、1つのルアーで3つのアクションができる点です。

1つ目はリトリーブ後に止めると横向きで浮上する溺死アクション、2つ目はスローリトリーブで横向きに泳ぐアクション、3つ目はミディアムリトリーブで縦泳ぎに変わることです。

リトリーブを止めると横向きにユラユラと浮上して弱ったギルを演出でき、普通に巻けば縦泳ぎに向きを変えてS字アクションで使うことができます。

チビタレルから派生して作られたようですが、横向きから縦向きにスラロームするルアーはあまり無いので、面白い使い方ができるルアーだと思いました。

使いこなすのが難しく中上級者向け

チビタレル デッドライズ

デッドライズは横向きから縦向きに変わることを知っておかないと使いこなすのが難しいかもしれません。

また、溺死アクションで食わすのは難易度が高く、いざ実践してみても簡単には釣れないもの…

バスって動きの早いルアーには勢い良く反応するけど、遅いルアーには警戒心を示し見切る可能性もあります。

そのため、横向きで浮上させても通用しない場面もあり、スイミングと溺死アクションを臨機応変に使い分けることがこのルアーを上手に使うコツではないでしょうか。

使いにくいという訳ではないけど、普通に巻くならチビタレルの方が使いやすく感じます。

ただし横向きから縦向きに変わる動きに好反応を示すバスもいるので、状況がハマれば良い釣りができると思います。

小型ビッグベイトにおける新たな一手としておすすめできますね!

チビタレルデッドライズの概要

チビタレル デッドライズ

横に倒れ、揺れながら水面へ。新機軸の瀕死アクション。

■デッドライジングアクション
リトリーブを止めると弱った魚のように横に倒れ、ユラユラと揺れながら水面へライズ(浮上)します。

■S字軌道スラロームアクション
ミディアムリトリーブでは滑らかなS字スラロームアクションで逃げるベイトフィッシュを、スローリトリーブでは弱った魚を連想させる横泳ぎアクションの演出が可能。

■こだわりのフロントフックポジション
ボディの側面に配置したフロントフックは、浮上アクション中に食いあげてくる魚側に配置。スイミング性能とフッキング性能を両立させたバランス設計。

出典:ジャッカル|チビタレルデッドライズ

スペック表

サイズ 130mm
タイプ フローティング
重さ 42g
価格 3,850円(税込)
フックサイズ フロント:ST36MF #2
リア:ST36MF #4
発売日 2022年8月19日

カラーラインナップ

チビタレル デッドライズ カラー

  • HLブルーギル
  • チャートバックブルーギル
  • RTゴーストギル
  • ダイイングギル
  • クリアジャパンシャッド
  • ウロコホロDRギル
  • RT野池DRギル
  • RTスポーンDRギル

※全8色(2022年8月現在)

関連動画

使い方・アクション方法

チビタレル デッドライズ

デッドライズのアクション方法は主に以下の2つです。

  • 溺死アクション
  • ただ巻き

溺死アクションは、リトリーブを止めると横向きで浮上し、弱った魚に見せかけることができます。

ストラクチャーや橋脚などバスが付くピンポイントでは溺死アクションが特に有効で、そのような場所では水面で瀕死のギルっぽく見せて誘うと良いでしょう。

バイトがあればトップさながらのバイトシーンを堪能できるはずです。

また、ただ巻きでは通常のギル系ルアーと同様に滑らかなS字で広範囲にアピールすることもできます。

シャローやオープンエリアではただ巻き中心に、場所によっては溺死アクションを交えつつ探っていくと、どこかで反応が得られると思います。

タックルセッティング

ベイトタックル

ロッドはMH〜Hクラスのバーサタイルロッドを使用します。

デッドライズのウェイトは約42g、ビッグベイト用のタックルでも良いですが、一般的なMHクラスのロッドでも十分キャスト可能です。

リールのギア比はハイギアがおすすめです。

ハイギアは溺死アクションから幅広いリトリーブスピードに対応でき、デッドライズのスラロームアクションを最大限に活かすことができます。

ラインはフロロカーボン16lb前後が適正範囲です。

ご自身の使用されているタックルの中から最適なものを選んで投げてみてください。

まとめ

今回はチビタレルデッドライズについて解説しました。

溺死アクションと横向きから縦向きに変わるスラロームアクションという少し変わった特徴を持ったルアーですので、中上級者向けのルアーであることは確かです。

ですが、上手く使いこなす事ができればチビタレルより多くの魚をキャッチすることができるかもしれません。

購入を検討されている方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。