ダウズスイマー 180SF

ジャッカル「ダウズスイマー180SF」インプレ!小さくなってもダウスイの魔力は健在だった!

ジャッカルのS字系ビッグベイト「ダウズスイマー180SF」を使ってみましたのでインプレします。

釣りフェスティバル2021で公開された、ダウズスイマーのダウンサイジングモデルがついに発売されました!

小さくなってもアクションや設計はそのままに、どんなフィールドでも使いやすいサイズとなっています。

今回はダウズスイマー180を実釣で使った使用感や使い方などご紹介します。

ダウズスイマー180のインプレ

サイズ感や見た目について

ダウズスイマー 180SF

ダウズスイマー180の良いところは、フィールドやタックル問わず使えるということですね!

220は野池や河川では正直デカ過ぎて、専用タックルは必要だしチェイスがあってもバイトまで至らず、もう少し小型だったら良かった…と思っていました。

また180mmというサイズはジョイクロ178とほぼ同じということで、ジョイクロの実績から考えるとかなり実用的なサイズと言えます。

小さくなっても集魚力はそこそこ高いですので、これまで通りサーチベイトとして使うこともできますし、より食わせやすくなりますね。

操作感・飛距離など

ダウズスイマー 180SF

ただ巻きでは滑らかなS字を描き、ダートさせるとキレのあるアクションを出せます。

軽くジャークさせるとガンタレルの振り向きターンのように180°回転させることも可能でした。

先行深度は水面直下から最大で50cm前後、ただ巻くだけで良く動いてくれますのでとても使いやすいルアーです。

飛距離はジョイント式のルアーってクルクル回って飛ばないこともありますが、180はバランスが良いのか思った以上に良く飛びます。

確実にジョイクロ178より飛ぶので、遠投したいときは有利だと思いますね。

ダウズスイマー220よりもキレのある動き

ダウズスイマー 180SF・220SF

220と180を比較してみると、S字アクションそのものは同じですが、動きの幅にかなり差があります。

220は大きなS字で艶かしい動きですけど、サイズとウエイトがある分、ダートさせたりジャークしたりキレのあるアクションを出しにくく、スローに扱う必要がありました。

180は小さなS字で艶かしさは劣るものの、ロッドワークに対するレスポンスが良くキレのあるアクションを出せます。

当然220の方がアピール力は上ですが、180も良く動いてくれるのでサイズ以上の存在感がありました。

ダウズスイマー180の概要

ダウズスイマー 180SF

ダウズスイマーは秦拓馬プロがプロデュースしたS字系3連結ビッグベイトです。

バス釣りはもちろん、最近はシーバスなどソルトを楽しむアングラーからも高く評価されています。

ダウズスイマー180の特徴

  • 3連ジョイントボディ
  • シンカーを装着できるアゴ下アイ
  • スイベルアイ仕様

ダウズスイマー180の特徴はオリジナルと全く同じですが、ボディが180mmにダウンサイジングされています。

また、3連ジョイントボディは2連結では不可能であった滑らかなS字アクションを描くことが可能。

シンカーを装着できるアゴ下アイも装着され、フックの付け根はスイベルアイ仕様となっていますのでバラシ軽減にも役立っています。

スペック表・フックサイズ

DOWZ SWIMMER 180SF DOWZ SWIMMER 220SF
タイプ スローフローティング スローフローティング
サイズ 180mm 220mm
重さ 2oz(約55g) 3.6oz(約104g)
フックサイズ ST36BC #1(F) #2(R) ST36BC #1/0
定価 4,500円(税抜) 4,980円(税抜)
発売日 2021年2月22日 2017年9月1日

スペアテール・収納ケース付

ダウズスイマー 180SF スペアテール

オリジナルの220と同じく、180にも予備のテールが付属しています。

収納ケースはルアーにテールを装着したまま取り付けることができ、癖が付いて動きが悪くなることを防ぎます。

また、180用のスペアテールも販売されていますのでテールを紛失してしまっても安心ですね。

カラーラインナップ

ダウズスイマー 180SF カラー

出典:ジャッカル|ダウズスイマー180SF

カラーは全部で8色です。

今回購入したカラーはホログラムスイマー、近所の釣具店ではマルハタゴーストチャートが人気だったようで、このカラーだけ先に売り切れていました。

関連動画

使い方とタックルセッティング

ベイトタックル

ダウズスイマー180の使い方はただ巻きが基本です。

ただ巻きしていると突然バイトしてくることもありますが、チェイスしてくるのが見えたらダートやジャークしてリアクションバイトを誘います。

S字系ルアーはアピール力が絶大ですので、まずは広範囲をゆっくり泳がせてバスがいるか探ると良いでしょう。

推奨タックルはMH〜Hクラスのロッド、ハイギアのリールにラインはナイロン16lb.(フロロでも可)がおすすめです。

ダウズスイマー180の重さは約55gですので、220のように専用タックルを構えることなく、身近なタックルで投げられます。

まとめ

ダウズスイマー 180SF

今回はダウズスイマー180についてインプレしました。

新作ルアーってオリジナルサイズが一番釣れて、後発のサイズは廃れていくイメージがあったんですよね…

しかし、ダウズスイマーの場合は220が大き過ぎたことから全くの逆、僕のように小場所が多いフィールドでは180がメインとなりそうです!

220が大きく感じていた方は180なら快適に使えると思いますし、初めて買う方はまず180から購入してみてはいかがでしょうか?

これからダウズスイマーを使う方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です