イービルシャッド

ファイナルウェポン「イービルシャッド」インプレ!超デッドスロー&ジャークに特化したスイムベイト!

イービルシャッドを使ってきましたのでインプレします。

イービルシャッドはファイナルウェポン社のかわむー氏がハンドメイドで製作されているスイムベイトです。

このスイムベイトは流通量が少なく、ご存じない方もいらっしゃると思いますが、関西や琵琶湖を中心に流行っているとか…

今回はそんな噂のスイムベイトを入手できましたので、ユーザー視点で使用した感想や使い方をご紹介していきます。

イービルシャッド(E’vil Shad)のインプレ

超デッドスローリトリーブでもしっかり泳ぐ

イービルシャッド

イービルシャッドを使って凄いと思ったのは、超デッドスローリトリーブでもしっかり泳ぐという点ですね。

スイムベイトは超デッドスローリトリーブ時にテールアクションが停止する製品も多いですが、イービルシャッドはどんなに遅く巻いても泳ぎます。

イービルシャッドの動き

恐らく素材が柔らかくテールの設計が良いからだと思いますけど、テロテロ感が半端ないですね!

この艶かしい動きがイービルシャッドの釣れる秘訣なんだろうと思います。

シャローを攻略しつつジャークにも対応

イービルシャッドはノンウェイトですので、潜行深度は水面直下から50cm程度。

フォールさせればそれより深いレンジも探れますが、着水点から巻くとあまり潜らずに一定のレンジを引いてこられるスイムベイトです。

ジャークでは素材の柔らかさも合わさって、リアルなダートアクションが生み出せます。

それ以外は至って普通のスイムベイトですが、ただ巻きはもちろんジャークにも対応できるスイムベイトという印象でした。

見た目以上に重さを感じますのでそれなりの集魚力もあり、広大なエリアでのサーチベイトとして使ったり、ストラクチャー周りにも良さそうです。

イービルシャッドの概要

イービルシャッド

イービルシャッドはかわむー(@Kawamuso)氏がハンドメイドで製作しているスイムベイトです。

大江川や五三川の有名ハイプレッシャーフィールドで釣れない・獲りきれない魚を釣るために生まれ、現在は琵琶湖を中心に人気があります。

最近では中国・四国地方でも使っているアングラーが増えてきた気がします。

イービルシャッドの特徴

  • 超デッドスローリトリーブで引ける
  • ジャークにも対応
  • 生命体比重(見た目に相応しい重さとバランス)

イービルシャッド

パッケージは長方形のクリアボックスに、裏面には説明や推奨タックルが書かれています。

製法は一つ一つハンドポワードで作られているため手作り感が強いですが、非常にクオリティーが高いです。

スペック表

サイズ 140mm
タイプ スローシンキング
重さ 1oz(28g)
フックサイズ #3
価格 3,000円

購入方法は一部の釣具店や通販で可能

イービルシャッド

イービルシャッドの購入方法は、店頭販売と通信販売の2つの方法があります。

当方釣り仲間が通販で購入したものを譲ってただいたのですが、メルカリなどでも転売されており、頻繁に売れているのでその人気ぶりが伺えます。

店頭販売で購入する場合、どこに入荷するのか調べたところ…

  • ブンブン大津店
  • ルアーアングル浜
  • フィッシングスポーツなかにし
  • 上州屋の一部

などがあります。

出荷情報はかわむー(@Kawamuso)氏のTwitter、入荷情報は釣具店のブログやSNS等をチェックすることでキャッチできます。

通販ではFINALWEAPON webstoreで期間限定で販売されるときもあるようです。

また店頭販売と並行して自社通販サイトを運営されている釣具店では、入荷と同時に通販でも購入可能になる場合があります。

イービルシャッドの使い方

イービルシャッド

最初のインプレでも書いたように、使い方はただ巻きとジャークがあります。

基本的には投げてゆっくり巻く、一般的なスイムベイトと同じ使い方で良いと思います。

ジャークするタイミングとしては、バスがチェイスしてきたときか、バスが付いているだろうとピンポイントをかすめたときに有効です。

要するにバスを焦らすということですね。

スイムベイトはチェイスがあっても見切られて食わないという状況に陥りやすいので、ジャークを入れてバスの本能を刺激してスイッチを入れることも大切です。

タックルセッティング

バンタムロッド・20メタニウムHG

バッケージ裏の推奨タックルは、M〜MHのロッド、ラインはナイロン14〜20lbと記載されています。

イービルシャッドの重さは1oz(28g)ありますので、個人的にはMH〜Hクラスのロッドにラインは16lbが扱いやすく感じました。

シマノで言うとSBの表記が付いたロッドを選ぶと間違いなさそうです。

また、ラインはナイロンが基本だそうですが、フロロを使うとラインの重さ分レンジが少し落ちるそうです。

詳しい使い方やタックルはファイナルウェポンのブログに書かれています。

まとめ

イービルシャッドの良いところは、超デッドスローリトリーブとジャークを両立していると言う点ですね。

ハンドメイドということで多少個体差はありましたが、使いやすいスイムベイトだと思います。

実釣ではバスを食わせるまで至らなかったものの、デカバスが何匹もチェイスしてくる様子が見えました。

イービルシャッドでデカバスが釣れるようにまたリベンジしたいと思います!

これから使う方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です