ヘッドスイマーリベロ

レイドジャパン「ヘッドスイマーリベロ」インプレと使い方!根掛かり回避に特化した超小型スイムベイト!

レイドジャパンのヘッドスイマーリベロを使ってきましたのでインプレします。

リベロは対厳寒期用のルアーとして開発された超小型スイムベイトです。

シングルフックにガードが装着されているため、根掛かりが多いボトムの釣りにおいて威力を発揮し、スナッグレス性能の高いルアーに仕上がっています。

この記事ではヘッドスイマーリベロのインプレを交えながら、使い方やタックルについて解説していきます。

ヘッドスイマーリベロのインプレ

微波動系の超小型スイムベイト

ヘッドスイマーリベロ

リベロを使った印象としては小さなスイムジグですね。

最初はバイブレーションをイメージしてましたが、小型化されたヘッドスライドを使っている感覚に少し似ています。

使い方次第で中層からボトムまで幅広いレンジを探ることができ、普通に巻けば目視できる範囲を巻いたり、フォールさせてゆっくり巻けばボトムを探ることもできます。

また、ロッドに伝わるブルブル感はほとんどなく、テールとブレードの振動が微かに分かる程度です。

悪く言えばアピール力に欠けますが、リベロのアクションをよく見ているとテールやブレードがピラピラ動き、微波動でアピールしてくれているのが分かります。

ボトムで横倒れしにくく根がかりにも強い

ヘッドスイマーリベロ

リベロは根がかりに強いルアーですが、全く根がからないという訳ではありません。

ブラシガードは5g・7gどちらも2本しか装着されておらず、複雑な枝やカバーではどうしても引っかかってしまいます…

とは言え、トレブルフックよりも回避できる確率は高く、バイブレーションやメタルバイブでは根がかりが多くて困っていた場所でも探れますので、過信しすぎない程度に使うのが良いかと思います。

また、ボトムで立つことで常にフックが上向く状態になり、根がかりにくさに大きく貢献しています。

リベロでの釣果

ブラックバス

リベロを使っているとコバスや30cm前後がよく釣れます。

食べやすいボディサイズとテールやブレードがピロピロアピールして、リアクションで食ってきているような感じでした。

秋冬の釣りになるとまた違ってくると思いますが、サイズ問わずよく釣れるルアーであることは間違いないです。

シャッドテールワームは意外と頑丈で、2本3本釣った程度ではボロボロになったりすることはなく、思っていたよりも耐久性がありました。

リベロはちょっと扱いが難しい部類に入るかもしれませんが、バイブレーションやメタルバイブに替わるもう一つの攻め方として有り何じゃないかと思います。

ヘッドスイマーリベロの概要

ヘッドスイマーリベロ

ヘッドスイマーリベロの最大の特徴は、何と言ってもスナッグレス性能の高さです。

  • ジグヘッドタイプのシングルフック
  • 先端に装着されたラインアイ
  • ガード付き&極小ブレード

シングルフックを搭載し低重心を意識した形状により、ボトムで横倒れすることなく、アイがヘッドの先端に位置していることですり抜けが良くなっています。

ガードは枝やウィードなど障害物を回避しつつフッキングの妨げにならない本数がセットされ、ショートバイトでもフックアップに持ち込むことが可能。

ヘッドスイマーリベロ

更に、腹側に装着された極小ブレードがフラッシングでアピールを行い、厳寒期のなかなか口を使わない魚に対してリアクションを誘います。

リベロはバイブレーションのような使い方はもちろん、バイブレーションでは根掛かりして攻めきれなかったボトムストラクチャー周りの攻略も可能とした画期的なルアーです。

スペック表・発売日

重さ 入数 定価 発売日
5g ヘッド+ワーム×2個 / 予備ワーム×2個 1,320円(税込) 2021年9月9日
7g ヘッド+ワーム×2個 / 予備ワーム×2個 1,320円(税込) 2021年9月9日

カラーラインナップ

ヘッドスイマーリベロ カラー

出典:RAID JAPAN|HEADSWIMMER LIBERO

  • HSL01-SHIKKOKU
  • HSL02-JU-KETSU
  • HSL03-ICE BACK
  • HSL04-THE BAIT
  • HSL05-CLEAR WAKASAGI
  • HSL06-STAIN WAKASAGI
  • HSL07-CHI GILL
  • HSL08-ONION GILL
  • HSL09-WHITE CHART
  • HSL10-PINK TRICK

※全10色(2021年9月現在)

関連動画

使い方・アクション方法

  • ただ巻き
  • ズル引き
  • リフト&フォール

ただ巻き・ズル引き

ヘッドスイマーリベロ

リベロはスイムベイトと表現されていますが、バイブレーションと同じと思っていただければ良いかと思います。

キャストして中層またはボトムまでフォールさせたら後はただ巻くだけでOKです。

シャッドテールと小型ブレードがフラッシングと振動で強くアピールくれますので、ただ巻きだけでも十分釣れる力を持っています。

また、厳寒期にはズル引きすることで、ボトムに沈む枯れウィード周りでチギルを狙うバスもターゲットにすることができるでしょう。

リフト&フォール

リベロのもう一つの使い方としてリフト&フォールがあります。

これはレベルバイブブーストやメタルバイブなどで多用される使い方ですが、リベロでも同様の誘いができます。

ただシャッドテールワームを装着している関係でどうしてもフォールスピードは遅くなりがちです。

しかし、リベロはストラクチャー回避能力が高いルアーですので、トレブルフックのブーストやメタルでは根がかってしまう場所でもリベロなら回避しながら探ることができます。

ご自身のフィールドに合わせたアクションとウェイトを選択されると良いでしょう。

タックルセッティング

ベイトフィネスタックル

レイドジャパンの岡さんが使用されていたタックルを参考に載せておきます。

パワースピニング

ベイトフィネス

リベロはスピニングとベイトどちらでも投げることができます。

ロッドパワーはいずれもL〜MLクラス、リールはスピニングなら2500番、ベイトならベイトフィネスリールを選びます。

また、リールのギア比はラインスラッグを早く回収する目的からハイギアがおすすめです。

スピニングのラインは道糸としてPEラインを巻き、リーダーは1ヒロ程度をFGノットで結ぶと良いでしょう。

個人的に5gはパワースピニング、7gはベイトフィネスで使い分けていますが、飛距離を出したい人やベイトフィネスを持っていない人はスピニング一択になるのではないかと思います。

まとめ

今回はレイドジャパンのヘッドスイマーリベロについて解説しました。

リベロはスナッグレス性能が高いため、これまで根がかりで苦労していた場所でも容易に攻めることができ、特に厳寒期に効果を発揮するルアーになっています。

また、厳寒期だけでなく年中使えるルアーですので、野池やリザーバー問わず様々なフィールドで投げてみると面白いかもしれません。

新作は人気でなかなか買えないかもしれませんが、気になった方はこの記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です