青木大介プロ著書「適材適所のルアーセレクト」レビュー!

青木大介の「適材適所のルアーセレクト」を読み終えました。

この本は「自分はこのルアーが好きだから」とか「トップで釣りたいから」と言うような考え方は一切無く、シチュエーションに合わせたルアーセレクトをする実践的な内容の本になっていました。

「適材適所のルアーセレクト」レビュー!

適材適所のルアーセレクト

ライトリグを中心とした考え方の内容で、スモラバやネコリグやダウンショットなど、ポイントによっての使い分けが具体的に書かれています。

バス釣りの本は数え切れないほど出ていますが、ルアーセレクトの基礎や考え方をこれだけ細かく綴っている本はなかなかありません。

入門書というより一歩踏み込んだ内容になっているので中級者向けの本となっています。

しかしスピナーベイトがフィネスというのは少し驚いた、個人的にはビッグベイトとスピナーベイトがアピール力の一番強いルアーと思っていたのだから…

現代のバスフィッシングにライトリグは必要不可欠であり、ライトリグに関するルアーセレクトは本当に参考になるので、フィネスを極めたい方には特にオススメの一冊です。

コメントを閉じる2

コメント一覧

  • バルコマン より:

    勉強してますねぇ(*≧∀≦*)

    その本、ウチも読んでみたいですね

    ラインブレイクは痛いですね(・・;)
    次は頑張りましょうo(^o^)o

    ウチは相変わらずですが、次回スマイルカップが3月6日、日曜日にあるので、それまでにはなんとかしたいと思ってます(;^_^A

    • 管理人 より:

      >バルコマンさん
      フローターやおかっぱり問わず参考になる本なので是非読んでみてくださいね!
      貴重な1本だったので残念です…次回頑張ります!
      スマイルカップの日が近づいてきていますね。
      僕も参加するかもしれないのでその時はまたよろしくお願いします(^^)

※コメントは管理人の確認後に表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です