ミラージュスティック・メガ(ミラリグ)

Professor「ミラージュスティック・メガ」インプレ!ミラリグの使い方やアクション方法!

ミラージュスティック・メガを使ってきましたのでインプレします。

相模湖を拠点としてガイドサービス及びルアー開発を行っているプロフェッサーフィッシングサービスから、ミラージュスティックのメガというサイズがリリースされました。

オリジナルよりサイズアップされたことで魚に発見してもらう確率が上がり、従来の動きを維持しつつアピール力を備えたワームとなっています。

今回はミラージュスティック・メガのインプレと使い方を解説していきます。

※本記事はメーカー様より商品を提供いただき作成しています。

ミラージュスティック・メガのインプレ

ミラージュスティック・メガ(ミラリグ)

実物は想像していたよりも細長く平らな形状で、触感はモチモチとした非常に柔らかいマテリアルでした。

試したリグはミラリグと呼ばれる表層から中層をミドストするセッティング(リグの詳細は後述)

去年流行ったホバストと少し似てますが、それよりも一段深いレンジを探れます。

生命感あふれる艶めかしいアクション

アクションは微振動シェイクを行うことでテールが艶かしく動きます。

この艶かしさは本当に生きている!と思わせるほどベイトフィッシュらしい泳ぎで、ミラリグ・ワームの形状・マテリアルの3つが合わさって出せる動きだと思います。

3インチ/3.4インチは使ったことないので比べられませんが、メガはボディが水を捉えやすくオリジナルよりも動きがワイドになっている印象です。

効果的な時期とシチュエーションなど

河川

シチュエーション的にはクリアなリザーバー・河川の見えバスが多い場所、更に多少濁りがあるフィールドでも良さそうです。

メガはワーム単体でもそこそこ比重があるため、沈下速度はやや速く感じました。

また、ミラリグはマス針ちょん掛けなのでキャスティングに気を使いますが、マテリアルは丈夫で簡単に身切れすることはなく、耐久性はそこそこ高かったです。

ミラージュスティック・メガ(ミラリグ)

メガになるとバスのサイズを選んで釣ることができ、ストラクチャー周りからオープンエリアまでミラリグなら効率良く攻められそうでした。

この記事を書いている季節は真冬で流石に通用しませんでしたが…、春から夏の表層にバスが多いシーズンにかなり有効ですね。

ハイシーズンに使って釣果が出たら追記したいと思います。

ミラージュスティックの概要

ミラージュスティックは、木崎湖ガイドで活躍する喜代浜が提案したデザインをベースに、相模湖で石川が追求する『直進軌道の高速リアクション』を出せるように設計した『漂いのI字』と『高速リアクション』2極の動きを実現するスティックベイトです。

出典:Professor Fishing Service|ミラージュスティック

公式の説明にもあるように「漂いのI字」と「高速リアクション」の2極端の動きが可能なワームです。

また、小魚を意識したボディは無駄がなくシンプルな形をしていて、素材にはハンドポワードというマテリアルが使われています。

関連動画

スペック表

Name Weight Quantity Price
MirageStick 3.0in 約1.6g 7本入り 740円
MirageStick 3.4in 約2.3g 7本入り 760円
MirageStick MEGA 4.7in 約6.2g 6本入り 890円

※3.0in/3.4inの銀粉カラーは、+20円となります。

カラーラインナップ

ミラージュスティック カラー

  • 001 Black
  • 002 Green Pumpkin Pepper
  • 009 Pearl White
  • 010 Yellow Chart
  • 011 Clear Lake Shrimp
  • G02 Clear Pink(SP)
  • G03 Shirauo(SP)

使い方・セッティング方法

ミラージュスティックに使えるリグは主に以下の4つです。

  • ミラリグ
  • マスバリ通刺しノーシンカー
  • ダウンショットリグ
  • ジグヘッドリグ

アクション方法は「水面放置」「微震動シェイク」「超高速ジャーク」をフィールドの状況やリグによって使い分けます。

ミラリグ

ミラリグ

ミラリグはワームの頭にネイルシンカーをセットし、フックを斜めにちょん掛けするセッティングです。

ミドストで1〜2mのレンジを微振動シェイクしながらアクションさせます。

特にプレッシャーが高いフィールドで効果があり、ピンポイントからオープンエリアまで広く探りたいときにおすすめできます。

ミラリグの詳細は石川教授のブログを参考にしてみてください。

マスバリ通刺しノーシンカー

マスバリ通刺しノーシンカー

ノーシンカーリグはマス針をちょん掛けして、頭には身切れ防止の強化パーツとしてブラシガードが入っています。

基本的に水面直下を探るリグのため、表層にバスが多い時期にサイトフィッシングで使います。

回遊系のバスが多いエリアを漂わせてみたり、超高速ジャークでリアクションを狙ってみたり、やる気のない個体でもスイッチを入れることができるかもしれません。

ダウンショットリグ

ダウンショットリグ

ミラージュスティックはダウンショットリグでも使うことができます。

スピニングで使うならサイズ的にメガよりも3インチか3.4インチが向いているように思いました。

シェイクすることでボディが波打つように動き、秋冬にバスのレンジが落ちるボトムの釣りやピンポイント一点シェイクしたい場合に有効です。

タックルセッティング

スピニングタックル

軽量なリグですのでUL〜Lクラスのスピニングロッドを使用します。

リールは2500〜2000番、水面放置やシェイク中心ならノーマルギアで良いですが、高速ジャークを多用するならハイギアがおすすめです。

ラインはフロロカーボンを推奨されていて、3インチなら3〜4lb、3.4インチなら4〜5lb、メガの4.7インチは5〜6lbくらいを使います。

また、飛距離を出したいときや水面放置ではPEラインもOKとのことでした。

まとめ

ミラージュスティックは放置でも効くし高速ジャークもできる、ピンテール系としては唯一無二の存在です。

スレたフィールドではミラージュスティックの艶かしい動きがバスにとって新鮮に見えるはずですので、フィネスの釣りにおいてかなり有効なアプローチとなってくれます。

ミラージュスティックが気になった方がいましたら是非お試しください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です