オサカナスイマー125

レイドジャパン「オサカナスイマー125・おさかなくん」インプレと使い方!フォールで誘えるスイムベイト!

レイドジャパンのオサカナスイマー125を使ってきましたのでインプレします。

オサカナスイマー125は、沈めることをコンセプトに作られており、ただ巻きはもちろんフォール中でも食わせることができるスイムベイトになっています。

そんな特殊な仕様から、どんな使用感か知りたい!どうやって使うの?という疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、オサカナスイマー125のインプレを交えながら、使い方やタックルについて解説していきます。

オサカナスイマー125のインプレ

安定感抜群の直進系アクション

オサカナスイマー125

フォールに特化したスイムベイトとのことでしたが、思っていたよりもフォール速度が遅かったです。

サスペンドと同じくらいゆっくり沈むため、フォールさせて探りたい場合はネイルシンカーを入れたほうが良さそうでした。

ただ巻きでのアクションは、頭を振らずに尾びれだけ細かく振って真っ直ぐ泳ぎます。

他のスイムベイトのようにテールを大きく振ってアピールするのではなく、ホバストやi字引きのような直進系のアクションですね。

アピール力が少なく物足りない感はありますが、早巻きでも遅巻きでもバランスが崩れることはなく、安定感が素晴らしいです。

ゆっくり巻いてもしっかり泳ぐので、状況次第では重宝するのではないでしょうか。

腹針と背針を選択できる便利な構造

オサカナスイマー125

フックは鼻先からラインを上に通すか下に通すかで、腹針と背針を選択できる構造になっています。

色々な釣り場をランガンしていくと腹針だけでは不安なシチュエーションも多く、その場ですぐに結び変えてフックの向きを変えれるのはとてもメリットが大きいです。

デメリットはスナップが使えませんので、ルアーチェンジが少し手間なのは構造上仕方ないですね…

当初イメージしていたものと少し違った動きでしたが、他のスイムベイトとは一味違ったアプローチをしたいときにぴったりのスイムベイトだと思います。

オサカナスイマー125の概要

オサカナスイマー125

オサカナスイマー125は、ホバストワームを考案する過程からスイムベイトへと方向転換して生まれたルアーです。

元々は「おさかなくん」という開発コードネームでしたが、正式名称は「オサカナスイマー125」に決まったようです。

フックはトレブルフックをダブルサイドラインスルー構造(インラインシステム)によって、背針または腹針のいずれかのセッティングを選択できます。

フィールドの状況に合わせて背針か腹針を選ぶことで、ストラクチャーやウィードなどの障害物を回避することができ、フッキングも決まりやすくなっています。

スペック表・フックサイズ

サイズ 125mm
タイプ スローシンキング
重さ 35g
フックサイズ #1
定価 2,420円(税込)
発売日 2021年10月26日

カラーラインナップ

オサカナスイマー125 カラー

出典:RAID JAPAN|OSAKANA SWIMMER 125

  • OS01 PEARL WAKASAGI
  • OS02 COSME SHAD
  • OS03 SAND FISH
  • OS04 ZACO
  • OS05 SHIKKOKU SHAD
  • OS06 PEARL CHART
  • OS07 ICE BACK
  • OS08 THE BAIT

※全8色(2021年10月現在)

関連動画

使い方・アクション方法

オサカナスイマー125

使い方は「ただ巻き」と「フォール」の2通りの方法があります。

スイムベイトと言えばただ巻きが基本ですが、オサカナスイマー125は沈ませて誘うこともできます。

カバーやストラクチャー周りを沈ませることで水深がある場所でもフォール中にバイトを誘えます。

また、シャローではボトムに着かせて見えバスを待ち伏せするのも良いですし、オープンウォーターでは通常のスイムベイトのようにただ巻きで使っても良いでしょう。

他のスイムベイトよりも姿勢を崩しにくく安定感のある動きに仕上がっていますので、誰が使っても本物のお魚が泳いでるようなリアルなスイミング&フォールでアピールすることが可能です。

タックルセッティング

ベイトタックル

オサカナスイマー125の重さは35gありますのでHクラスのロッドが最適です。

無理しない範囲ならMやMHでも投げることができますが、H以上のパワーがあるロッドを使用された方が良いでしょう。

リールのギア比はノーマルギア・ハイギアどちらでもOK、ラインはフロロカーボン16lb〜20lbが適正範囲です。

オープンエリアなら16lbで大丈夫でしょうし、カバーを攻めるなら20lb以上あった方が安心ですね。

ご自身の使用されているタックルの中から最適なものを選んで投げてみてください。

まとめ

オサカナスイマー125

今回はオサカナスイマー125について解説しました。

各メーカーから様々なスイムベイトが発売されていますが、フォールに対応したスイムベイトは金森さんも動画で解説されていた通り唯一無二の存在だと思います。

スイムベイトが好きな方や、自分にぴったりなスイムベイトを探している方は、是非試してみてはいかがでしょうか。

オサカナスイマー125の購入を検討されている方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です