ベイトフィネスを極めると釣果アップ!必要性と使い方を解説!

現代のバス釣りにおいて「ベイトフィネス」はすっかり馴染んだ言葉で誰もが知っていると思います。

最近はベイトフィネス用のリールやロッドが次々と発売され、バス釣り以外にもソルトや渓流釣りでも新たなスタイルとしてベイトフィネスが注目されています。

なぜスピニングを使わずベイトフィネスを使うのか?今回はその理由をまとめてみたいと思います。

ベイトフィネスとは?

ベイトフィネスとブラックバス

ベイトフィネスとは、ベイトタックルでフィネスリグを使用することを言います。

今までスピニングでしか扱うことのできなかったライトリグが、ベイトリールの性能の進化によってストレスなくキャストできるようになり、スピニングタックルのデメリットを補うことを目的として作られたタックルです。

少し前までは、通常のベイトリールのスプールをZPIやAvailや夢屋のものに変えてカスタムする必要があり価格も高くなりがちでしたが、最近は各メーカーからベイトフィネス専用リールが次々と発売されたので、誰でも気軽にベイトフィネスを楽しむことができるようになりました。

本来ベイトフィネスは、8~12lbの太いラインで軽いルアーやワームを使うことが前提のタックルでしたが、最近では5~7lbの細いラインを使う場面も多くなっています。

スピニングタックルはほとんど使わず、ライトリグはほぼベイトフィネスで事足りる程になってきています。

ベイトフィネスのメリット・デメリット

野池のカバー

バス釣りでよく使う番手のスピニングリールは太いラインを使うことができません。8lb程度でも巻くことはできますが、糸出が悪く糸癖がついたりスピニングリールのメリットを生かすことができなくなります。

ベイトフィネスだと8lb〜14lb程度の太いラインを巻くことができ、太い糸で軽いルアー(ネコリグやスモラバなど)をスムーズに投げることができます。

バス釣りではカバーだったり木の際などピンポイントでキャストしなくてはいけないようなシチュエーションが多く、そういうときにベイトフィネスのタックルが非常に役に立ちます。

スピニングタックルでアプローチして食わせても一気に走られてドラグが出されしまい、カバーに巻かれてラインブレイクをしてしまう可能性があります。

40cm程度なら問題ないかもしれませんが50UPとなるとやり取りに時間がかかりますし、カバーの下には木が沈んでいたりすることも多いので、スピニングタックルだと巻かれてバラシてしまうことがあります。

ベイトフィネスだと、カバーに対してのキャストの精度が高く太いラインも使えることで、結果的に取れる魚も増え釣果も増えると言う流れになります。

おかっぱりとボートでは攻め方が違うので、飛距離ではやはりスピニングに軍配が上がりますが、カバー主体ならベイトフィネスを使い、オープンウォーターで障害物が無ければスピニングと使い分けて良いと思います。

リールは「右巻き」と「左巻き」どちらのハンドルを使う?

ベイトフィネス

ベイトリールの「右巻き」と「左巻き」は永遠のテーマかもしれません。

個人的には使いなれた方で良いと思いますが、一般的にベイトフィネスはスピニングタックルと同じで右利きなら「左巻き」が基本となります。

恐らくプロアングラーの方でもベイトフィネスは「左巻き」を使ってる方が多いと思います。

ライトリグを扱う場合は利き手でキャストやシェイクなど繊細なロッド操作が必要になるので、ロッドは利き手で持ったほうが効率がよいでしょう。

しかし慣れもありますので無理に左巻きを勧めるという訳ではなく、ベイトフィネスも他のベイトタックルのように使い慣れた方のハンドルで使うのが良いかと思います。

ラインコストが半分に!

シマノやAvailのベイトフィネススプールは8lb-45mなので、フロロ8lb-100mのラインを2回に分けて巻くことができるのでラインのコストを半額にすることができます。

ライトリグを45mも飛ばすなんてまず無いので8lb-45mというのは実際少ないようですが、ちょうどいい量です。

また、細いラインほど価格の高いラインを使ったほうが良いので、例えばシーガーR18リミテッドの100m巻きを1つ買って2回に分けて使った方がお財布にも優しいです。

タックル紹介

アルデバラン BFS XG

僕がベイトフィネスで使っていたタックルをご紹介します。アルデバラン BFS XGのスプールをAvail製に交換し、更にSVSを外してマグネットブレーキを装着しています。

ロッド シマノ ポイズングロリアス 168L BFS68ロングディスタンス
リール シマノ アルデバラン BFS XG + Avail製マグネットブレーキ
ライン シーガーR18 ハードタイプ 7~8lb
用途 ネコリグ、スモラバ、ダウンショット、ジグヘッド

マグネットブレーキにすることで、スプール本体にSVSユニットが無くなり、スプールと接触する部分も無くなるので、スプールをより軽くできるのでライトリグがとても投げやすくなりました。

またスプールとブレーキシステム以外にベアリングもベイトフィネス専用のものに変えるとより効果があります。

ベイトフィネス専用リールのスプール径は大半のメーカーが32mmで、径が大きいほど重いルアーの遠投に向き、径が小さいと小型ルアーでも立ち上がりが早く、スプールが軽いほどバックラッシュしにくくなります。

ベイトフィネス用のロッドと組み合わせることでタックル1式が驚くほど軽く、スモラバから小型プラグまでライトリグ全般をこの1本でこなせます。

まとめ

ベイトフィネスはカバーやストラクチャーなどピンポイントに投げるときにとても活躍するタックルなのだが、魚の平均サイズが大きい釣り場などではスピニングを使わずにあえてベイトフィネスを使うこともあります。

また、MH~Hパワーのジグ用ロッドにベイトフィネスリールを取り付け、ラインは14~16lbを巻いてライトリグを扱う、近距離でのカバー専用タックルセッティングというような釣り場に特化した使い方も可能なので、釣りの幅が広がるのではないだろうか。

釣り場によってベイトフィネスの必要性は様々ですが、カバー主体の釣りならボートやおかっぱり問わず必ず役に立つので、始めたい人はよく検討して、ベイトフィネスでのバスフィッシングを楽しんでみてください。

コメントを閉じる2

コメント一覧

  • バルコマン より:

    ベイトフィネスいいですよね

    ウチも一昨年までは多様してボッコボコにいわしたことがあります

    ベイトフィネスを使うようになってからはスピニングタックルの出番はなくなりましたね(;^_^A

    でも最近はスピニングタックルでないと出来ないような釣り方を練習してますね

    まぁ、ウチには繊細な釣りは向いてない気がしてますけどね(>o<")

    ベイトフィネスを極めたらスピニングタックルは要らなくなるんでしょうね

    • 管理人 より:

      >バルコマンさん
      ベイトフィネスを極めるとスピニングはほとんどいらないですね!
      確かに繊細な釣りはスピニングタックルでしかできないようなこともありますね!
      僕は倉敷川と近くの水路しかスピニング使わないです(^^;
      スピニングでデカバスがくると、ドラグ出されるのでやり取りが楽しいです笑

※コメントは管理人の確認後に表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です