ビッグ2WAY

レイドジャパン「ビッグ2WAY」リグと使い方!ベイトタックルで使う沈む虫!

先日レイドジャパンから発売されたBIG2WAYを入手しましたので、早速釣り場で使ってきました。

オリジナル同様に様々なリグに対応でき、ベイトタックルでも使いやすいサイズとなっています。

マグナム2WAYは同時発売となりませんでしたが、今回はビッグ2WAYのリグや使い方などインプレを踏まえてご紹介します。

ビッグ2WAYのインプレ

ブラックバス

実釣ではビッグ2WAYをチャターのトレーラーとして使い、ヘビダンやジグヘッドなども投げてみました。

色々なリグを試した結果として、ワーム単体よりもチャターのトレーラーに最適だったということです。

今回使用したチャターはジャックハンマー3/8oz、ブレードの振動で関節を支点に良く動き、ビッグ2WAYのサイズ感と素材の硬さがトレーラーとしてちょうど良かったです。

ヘビダンやジグヘッドは、オリジナルよりサイズアップされたことでアピール力が増し、更になまめかしい存在感のある動きでした。

ビッグ2WAYはオリジナル同様にサイトで使ってもいいですし、遠投して中層やボトムを探る釣り方にも向いているワームだと思いました。

ビッグ2WAYの概要

ビッグ2WAY

ビッグ2WAYは、オリジナル(2WAY)のサイズアップ版となる沈む虫系ワームです。

ビッグ2WAYの特徴は以下の通りです。

  • 分離すると2つの使い方ができる
  • ベイトタックルで使用可能
  • 中央の関節が太く作られている

ビッグ2WAYもオリジナル同様に分離して使うことができます。

また、サイズアップしたことによりシンカーのウエイトを重くできますので、使えるリグやタックルは更に広がり、ベイトタックルで使いやすいサイズ感になっています。

オリジナルとの違いはサイズ以外に中央の関節が太く作られていて身切れしにくく、素材も硬いため安心して扱えます。

スペック表

ビッグ2WAY マグナム2WAY 2WAY
入数 6個入 5個入 8個入
サイズ 75.0mm 100mm 50.0mm
重さ 約8g 約18.5g 約3g
定価 850円(税抜) 850円(税抜) 800円(税抜)
発売日 2020年4月23日 2020年5月28日 2019年5月23日

カラーラインナップ

マグナム2WAY・ビッグ2WAY カラー

  • 001. GREENPUMPKIN SEED
  • 020. DARK CINNAMON / BLUE FLK.
  • 026. DOBAMIMIZU
  • 030. GURIPAN / CHART
  • 032. TENAGA EBI
  • 040. GHOST SHRIMP
  • 049. SMOKY PEARL
  • 050. GRASS SHAD
  • 058. COEBI
  • 059. CO ZARI
  • 062. MAGIC OIL
  • 063. COSME SHAD

フックサイズ

オフセットフック #1/0(ワイドゲイプでもOK)
マス針 #1/0

使い方・おすすめリグ

ビッグ2WAY

ビッグ2WAYはそのままの状態で使う方法と、分離してビッグ1WAYとして使う方法の2通りの使い方があります。

今回は基本となるリグに絞って解説します。

ビッグ2WAYとして使う

  • ヘビーダウンショットリグ
  • ジグヘッドワッキー(重ヘッドワッキー)
  • ネコリグ(重ネコリグ)
  • チャターやジグのトレーラー

ビッグ1WAYとして使う

  • ネイルリグ
  • スモラバのトレーラー

ヘビーダウンショットリグ

ヘビーダウンショットリグ

オリジナルで定番のリグはダウンショットでしたが、ビッグ2WAYではヘビダンとして使用します。

フックはガードがあっても無くても良いですけど根掛かりが多いリグでもあるので、今回はガード付きのモスキート#1/0を使用しました。

シンカーの重さは7g〜10g前後のシンカーがおすすめ、リーダーの長さは12cm前後を基準として、リーダーは少し短めにした方がアクションを加えやすくなります。

ジグヘッドワッキー(重ヘッドワッキー)

ジグヘッドワッキー

ジグヘッドワッキーでは足元のストラクチャーやカバー周りに落として沈む虫を演出します。

フックの少し大きめのものを選び、釣り場の水深に合わせて2.5〜4.5gのジグヘッドを使うと良いです。

シャローにバスがいるなら2.5gを使い水面で誘ってもいいですし、水深があるなら4.5gで中層から底まで落として誘うと良いでしょう。

ネコリグ(重ネコリグ)

ネコリグ(重ネコリグ)

普通のネコリグでも使えますが、重いネイルシンカーを使用した重ネコリグがおすすめです。

ビッグ2WAYはボディに細かいリブやピリピリした足が付いていますので水の抵抗を受けやすく、フォールスピードが遅いため重めのネイルシンカーを選ぶ必要があり、重さは3.5g〜5gくらいがマッチします。

使い方は基本的にネコリグと同じ良いと思いますが、タックルはベイトフィネスが扱いやすいです。

チャターやジグのトレーラー

ジャックハンマー&ビッグ2WAY

個人的に気に入ったのがチャターのトレーラーです。

ブレードの振動で関節を支点に良く動き、チャターのアピール力とボリューム感共に増します。

少し贅沢な使い方ではありますけど、ワーム単体で使わないときはトレーラーに使うのも全然ありだと思います。

また、ラバージグのトレーラーとしても使えますので、この辺はオリジナルより使い勝手が良いですね。

ネイルリグ

ネイルリグ

ネイルリグはビッグ2WAYを千切ってオフセットフックで使用します。

オリジナルの2WAYのようにマス針のちょん掛けでも良いですけど、ビッグ2WAYはそこそこサイズがありますのでオフセットフックが使えます。

フックサイズは#1/0がちょうど良く、ネイルシンカーは後ろから刺すかボディの裏側へ斜めに刺すと良いでしょう。

スモラバのトレーラー

スモラバのトレーラー

エグダマタイプレベルの吊るしのトレーラーとして使用できます。

ウエイトは3.5gか4.5gがおすすめ、重めのスモラバでボリューム感を出したいときにぴったりです。

ここで紹介したリグ以外にも色々な使い方ができると思いますので、釣り場のシチュエーションに合わせてリグを選ぶと良いでしょう。

タックルセッティング

ベイトフィネス

タックルはリグによってスピニングかベイトか大きく違ってきますが、参考までに以下のような感じで良いと思います。

ベイトタックル

  • ヘビーダウンショットリグ
  • チャターやジグのトレーラー
  • ライトテキサス、フリーリグ、ジカリグ

ベイトフィネスタックル

  • ジグヘッドワッキー(重ヘッドワッキー)
  • ネコリグ(重ネコリグ)
  • スモラバのトレーラー

スピニングタックル

  • ネイルリグ
  • ノーシンカーリグなど

まとめ

ビッグ2WAY

今回はビッグ2WAYについて解説しました。

少しおおげさかもしれませんが、ビッグ2WAYの使い勝手の良さは無限大の可能性を秘めたワームと言っていいかもしれません。

オリジナルはスピニング専用&ウエイト軽めという限られた方法でしか使えませんでしたけど、ビッグ2WAYはオリジナルと同様の使い方はもちろん、更に幅広いリグやタックルでも使えるようになっています。

購入できた方はこの記事を参考に使ってみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です