ダニー2.8

一誠「ダニー 2.8インチ」インプレと使い方!複数の脚が独立して動く甲殻類系ワーム!

一誠のダニー2.8インチを使ってきましたのでインプレします。

2022年の新製品として一誠から新しい甲殻類系のワームが発売されました。

ダニーは片側8本の脚が独自してアクションし生命感漂うワームになっています。

しかしその特殊な形状から、使い方が分からない!どうやったら釣れるの?という疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ダニー2.8インチの使用感を交えながら、フックや使い方について解説していきます。

ダニー2.8インチのインプレ

ダニー2.8

ダニーを使って思ったことはかなり生命感の強いワームですね。

水中では複数の脚がフワッと広がり、水を受けると不規則に動いてアピールしてくれます。

ボディ本体はあまり大きくないものの、パーツが多い分そこそこボリューム感があって、クロー系としても虫系としても使える万能なワームという印象でした。

スレたバスはツメやヒゲなど細かいパーツが多いワームを好む傾向にあるので、甲殻類が多いフィールドはもちろん虫系が効く場所でも良いんじゃないかと思います。

ダニー2.8

欠点としては脚の数が多過ぎて使用感が若干損なわれてる気がします。

この脚が釣れる大事な要素なんでしょうけど、ネチネチ探ることが苦手な人にはあまりおすすめできないかもしれません。

逆に脚が多いことで水をしっかり受けてピンポイントで移動距離を抑えつつアピールできますので、ネチネチしたい人にとっては最高のワームですね。

また、個数が4つしか入っていないので価格に対してコスパが悪く、コバスやギルが多いフィールドでは消耗が激しそうです。

形状による細かな欠点はありますが、ワームとしてのクオリティーは非常に高いです。

さすが村上さん監修とあって細部までこだわり抜いて作られており、一誠らしいオリジナリティ溢れるワームだと思いました。

ダニー2.8インチの概要

ダニー2.8

異形多脚を持つ甲殻ベイト

“全脚独立自発アクション” をコンセプトに設計された甲殻類型ワーム。フォーリング時やボトムでのズル引き時、水流を受けた8対の脚が互い違いに艶かしく揺らめき、多脚生物を演出。根魚玉ブラックをはじめ、ノーシンカー、ライトテキサス、ジグヘッドなど、あらゆるリグで魚を魅了します。

出典:一誠|ダニー 2.8in

スペック表

サイズ 2.8インチ
入数 4
重さ 5g
定価 990円(税込)
発売日 2022年4月8日

カラーラインナップ

ダニー カラー

出典:一誠|ダニー 2.8in

  • #07 グリーンパンプキン
  • #13 ヌマエビ(NS)
  • #14 ノイケシュリンプ
  • #17 スパイシーブラック(NS)
  • #20 オリーブメロン
  • #41 ダッピザリ
  • #46 アカマツSP(NS)
  • #64 AKスモーク

※NS = Non-Salt(塩無し)
※全8色(2022年4月現在)

関連動画

使い方・おすすめリグ

ダニー2.8 ライトテキサスリグ

ダニーはライトテキサス・ノーシンカー・ジグヘッドなど様々なリグに対応しますが、今回はライトテキサスリグを例として解説します。

用意するもの

推奨フックサイズはオフセット#3〜#1の範囲で選びます。

フックメーカーはどれを選んでも差し支えありませんが、ナローゲイブよりワイドゲイブのタイプを選んだ方が良いでしょう。

ダニーはボディにそこそこ厚みがあるため、ゲイブ幅が広いフックを選んだ方がフッキングが良くなります。

ちなみに村上さんは「オーナー マルチオフセット #1」を使用されていました。

シンカーは2.7gを基準として、水深やフィールドの状況に応じて適切な重さを選んでみてください。

アクション方法(ライトテキサスリグ)

ダニー2.8 ライトテキサスリグ

使い方はフォール・ズル引き・シェイクなど様々なアクションに対応します。

基本的にキャストして着水後はボトムまでフォールさせて、ズル引きしたり中層をフワフワさせながら誘います。

また、通常のテキサスリグのようにストラクチャー周辺に落としてシェイクして反応なければすぐ回収し、また次のストラクチャーに落とすといった釣り方でも良いでしょう。

ダニーは一般的なクロー系ワームよりもネチネチした誘いができますので、ピンポイントを集中的に探りたい場合に向いています。

タックルセッティング

ベイトフィネスタックル

ダニーはベイトフィネスまたはスピニングで使用します。

リグによってタックルは変わってきますが、ライトテキサスはベイトフィネス、ノーシンカー・ジグヘッドはスピニングが扱いやすいです。

ロッドはベイトフィネスでL〜MLクラスの一般的なベイトフィネスロッド、スピニングはL〜MLクラスを選びます。

リールは好みのもので問題なく、ギア比は効率を重視してハイギアが良いでしょう。

ラインはベイトフィネスでフロロ8lb、スピニングはPEライン(0.6〜0.8号)+リーダー7〜8lbとなります。

まとめ

ダニー2.8

今回はダニーについてインプレしました。

ダニーは脚が多くそれぞれが独立して不規則に動くので、見た目からも想像できるように生命感の強いワームになっています。

この形状のワームはたくさんありますが、虫系ワームを探している方にもかなりおすすめできます!

購入を検討されている方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。