沈み蟲 3.2インチ

一誠「沈み蟲3.2インチ」インプレと使い方!遠投に特化した高比重虫系ワーム!

一誠の沈み蟲3.2インチを使ってきましたのでインプレします。

様々な沈む虫系ワームがある中で最強と言われている沈み蟲シリーズ、2021年に待望のデカデカ沈み蟲(3.2インチ)が追加され、ラインナップが更に充実しました。

しかしその特殊な形状から、使い方が分からない!どうやったら釣れるの?という疑問を持っている方も多いと思います。

そこでこの記事では、沈み蟲3.2インチを実釣で使ったインプレを交えながら、使い方やリグについて解説していきます。

沈み蟲3.2インチのインプレ

沈み蟲 3.2インチ

沈み蟲3.2インチの良さは圧倒的な飛距離とアピール力が挙げられます。

ここまで飛距離が出ると、もはや虫系ワームというより高比重ワームですね。

用途的にカバースキャットなどと被りますが、沈み蟲は大遠投しつつバックスライドで送り込めるのが最大のメリットです。

また、ボディにボリューム感があるのでアピール力が強く、多少濁ってても狙いのポイントから少々ズレても、着水音やフォールで魚を引き寄せることができます。

そして、マテリアルが柔らかく、ゲーリー素材のように塩多めでもっちりしており、フッキングも決まりやすいでしょう。

沈み蟲 3.2インチ

欠点としては、6本の足がフォールであまり動かないのと、使う場所が限られることです。

1.8・2.2・2.6はフォールさせるだけで足がピリピリ動きますが、3.2インチの足は丈夫であまり動かず、バスのサイズを選ぶことになり数釣りは難しくなるかもしれません。

3.2インチは他サイズのように万能ではないけど、とにかく遠くへ飛ばしたいときやデカバスの居場所が絞れているときにおすすめですね。

沈み蟲の概要

沈み蟲 3.2インチ

細かく動く脚を三対付けたイモ虫ワーム系ボディ!!

シンプルかつ爆発力のあるワームです。高比重マテリアル、流線型ボディにより驚異的な飛距離が得られます。ボディの細い方からオフセットフックをセットして下さい。ノーシンカーでは脚をピリピリ動かしながら水平気味にフォールします。ボディの太い方にネイルシンカーを装着すると、バックスライドセッティングとなります。

出典:一誠|沈み蟲 1.8in 2.2in 2.6in 3.2in

スペック表

1.8インチ 2.2インチ 2.6インチ 3.2インチ
個数 8 7 5 5
重さ 約3g 約5g 約10g 約18g
定価 825円(税込) 825円(税込) 880円(税込) 990円(税込)
発売日 2019年9月中旬 2019年5月下旬 2020年5月中旬 2021年9月中旬

フックサイズ

1.8インチ マルチオフセット #2
2.2インチ マルチオフセット #1~#1/0
2.6インチ マルチオフセット #2/0〜#4/0
3.2インチ マルチオフセット #6/0

関連動画

使い方・おすすめリグ

沈み蟲は「ノーシンカーリグ」または「ネイルリグ」が基本です。

他にもキャロライナリグやテキサスリグなど様々なリグに対応しますが、今回は沈み蟲で定番の「ネイルリグ」を例にして解説します。

沈み蟲3.2インチのセッティング例

沈み蟲 3.2インチ・フック・ネイルシンカー

用意するもの

フックは基本的にオフセットフックを使用します。

#5/0〜#6/0の範囲ならどのメーカーでも適合するかと思いますが、個人的にハイパートルネードが合わせやすかったです。

ちなみに一誠では「オーナー マルチオフセット #6/0」を推奨されています。

セッティング方法は、以下の画像のように細い方が前になるようにフックを差します。

沈み蟲 3.2インチ(ネイルシンカー)

また、沈み蟲には上下があって横から見て足が中心よりやや上に付いている方が上向きになるようにセットします。

ネイルシンカーは3/64oz(1.3g)前後を赤線のようにやや斜め下に差し込みます。

ノーシンカーリグではあまりバックスライドせずにフォールしていきますので、しっかりバックスライドさせたければネイルシンカーを入れると良いでしょう。

アクション方法

沈み蟲 3.2インチ

沈み蟲の動かし方は、基本的にリフト&フォールの繰り返しです。

キャスト後はフォールさせて底を取り、2〜3回ジャークしてワームを浮かせ、またフォールさせて底を取るというアクションを繰り返して誘います。

3.2インチの出しどころとしては、対岸のオーバーハングやストラクチャーの際など、バスが隠れてそうな場所の近くにキャストすることが大切です。

この釣り方ではファーストフォールでバイトが出るパターンが多く、バスのレンジが落ちている日はボトムジャークも有効になってきます。

ネイルシンカーの重さでバックスライドするスピードが変わってきますので、釣り場の水深に合わせてシンカーの重さを調整すると良いでしょう。

タックルセッティング

ベイトタックル

沈み蟲3.2インチのロッドはMH〜Hクラス、リールはハイギアにフロロ16lb〜20lbを使用します。

沈み蟲シリーズで最大サイズとなる3.2インチはデカバスが釣れる確率が高く、ストラクチャーに巻かれる可能性もあるため、なるべくパワーのあるタックルを選んでおいた方が良いでしょう。

また、バックスライド系ワームで重要になってくるのがワームの重さとラインの太さのバランスです。

ラインはフォールの速度とフッキングに関係してきますので、しなやかで伸びの少ないフロロとバックスライドの妨げにならないポンド数を選ぶことが大切です。

ご自身の使用されているタックルの中から最適なものを選んで投げてみてください。

まとめ

沈み蟲 3.2インチ

今回は沈み蟲3.2インチについて解説しました。

様々な沈む虫系ワームがある中で、沈み蟲3.2インチは虫系ワームというより高比重ワームに近い存在です。

圧倒的な飛距離とバックスライドで他のルアーでは届かなかった場所を狙えるため、おかっぱりでは非常に有利なワームとなるでしょう。

またフィールドの規模やバスのアベレージに合わせて沈み蟲のサイズを選べるのも魅力ですね。

これから沈み蟲を使う方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。