デッドスローラー 4.8インチ

ジャッカル「デッドスローラー4.8インチ」インプレと使い方!デッドスロー巻きに特化したシャッドテールワーム!

ジャッカルのデッドスローラー4.8インチを使ってきましたのでインプレします。

2022年の新製品としてジャッカルから新しいシャッドテールワームが発売されました。

シャッドテール系ワームは各メーカーから数多くリリースされていますが、デッドスローラーはボディのリブが特徴的で、その名の通りデッドスローリトリーブに特化したワームになっています。

この記事では、デッドスローラーの使用感を交えながら、フック選びや使い方について解説していきます。

デッドスローラー4.8インチのインプレ

デッドスローラー 4.8インチ

デッドスローラーを使った印象としては、とにかくデッドスローで巻くことができます。

シャッドテール系はハートテールやフルスイングなど他にも色々ありますが、水面直下をスローに巻きたい人にとっては最高のワームなんじゃないかなと思いました。

複数のリブが水の抵抗を受けてブレーキが掛かったような使用感ですので、引きたいコースやレンジをゆっくり探れます。

また、テールの動きも滑らかでウォブリングの効いた艶かしいアクションは結構リアルでした。

デッドスローラー 4.8インチ

欠点は早巻きでくるくる回ったり、比重が軽くリブが抵抗となって飛距離を出しにくいです。

対岸まで遠投して広範囲を広く探るような使い方には向いておらず、あくまで近距離を丁寧に巻いて探っていく用途に向いていると思いました。

飛距離や効率を重視するなら、ハートテール・フルスイング・ドライブシャッドが使い勝手がいいですね。

リブが深い関係ですぐ切れそうに見えましたが、芯がしっかりしていて意外と頑丈だったのも良かったです。

シャッドテールワームの釣りでこれじゃなくてはいけない場面は少ないですが、デッドスローで巻きたい場所ではかなり重宝するのではないでしょうか。

デッドスローラーの概要

デッドスローラー 4.8インチ

極限への挑戦。デッドスローでバイト誘発

障害物に寄り添うビッグバスを攻略するために開発されたデッドスローラーは、その名のとおりデッドスローでのアクションを追求した食わせ特化型のシャッドテール。しっかりテールを動かしてバイトを誘発します。

水を掴んで離さないマルチリブ

水に対する抵抗を最大限生み出すよう設計されたマルチリブ。水流をボディー全体に纏わりつかせ、デッドスローでもウォブリングする、安定したアクションを生み出します。

状況に合わせたサイズ展開

ベイトサイズやフィールド状況に適したボディーサイズを選択できる2サイズラインナップ。状況に合わせた最適解のセレクトを可能にします。

出典:ジャッカル|デッドスローラー

スペック表

4.8インチ 5.5インチ
個数 5 5
推奨フックサイズ オフセット
#4/0〜5/0
オフセット
#5/0〜6/0
定価 935円(税込) 968円(税込)
発売日 2022年3月4日 2022年5月

カラーラインナップ

デッドスローラー カラー

出典:ジャッカル|デッドスローラー

  • SPAWN GILL / スポーンギル
  • SK DARK THANDER / SKダークサンダー
  • SUPER WHITE / スーパーホワイト
  • DARK GREEN PUMPKIN BLUE FLAKE / ダークグリパンブルーフレーク
  • KYOYA GREEN PUMPKIN PEPPER / キョウヤグリパン
  • STEALTH SHAD / ステルスシャッド
  • MAMO GOLD & BLACK / マーモキンクロ
  • LIVERY WAKASAGI / 生ワカサギ
  • FM CHARTREUSE SP / FMチャートSP
  • STRAWBERRY MILK / いちごミルク

※全10色(2022年4月現在)

関連動画

フックの選び方

デッドスローラー 4.8インチ フック

フックは通常のオフセットまたはねじ込み式のオフセットを使用します。

色々試した中でデッドスローラーと相性が良かったフックは以下の2つです。

フックサイズは公式で4.8は#4/0〜5/0、5.5は#5/0〜6/0を推奨されていますが、実際合わせると小さく感じましたのでワンサイズ大き目を選ぶと良いでしょう。

例えば4.8なら#6/0、5.5なら#7/0がベストなサイズ感でした。

また、シャッドテールワームのノーシンカーリグ全てに言えることですけど、フックが合っていないとバイトがあってもすっぽ抜けしやすいです。

大きいフックはフッキングが良く、フックの比重でリトリーブも安定しますので、この種のワームを快適に使いたい場合はフック選びが重要になってきます。

ノーシンカーリグの使い方

デッドスローラー 4.8インチ

デッドスローラーの使い方はデッドスローリトリーブで水面直下をただ巻きして使います。

シャローやストラクチャー周り、更にウェードが多いエリアなど、バスが付いていそうな場所を細かくサーチします。

他のシャッドテールワームと違ってピンポイントをゆっくり巻けるため、隠れているバスに対して少ない移動距離で見せて食わせることができるのがこのワームを使う最大のメリットです。

比重が重いシャッドテールワームでは根がかりしそうなドシャローや障害物が多い場所でもガンガンと攻めることができますので、そういった場所でも積極的に使っていくと良いでしょう。

タックルセッティング

ベイトタックル

デッドスローラーの4.8インチに最適なロッドはM〜MHクラスです。

最近多い高比重系のシャッドテールワームと違ってデッドスローラーは軽く作られているため、Mクラスのロッドでもキャストすることが可能でした。

また、5.5インチは釣れるバスも大きくなりますのでMH〜Hクラスのロッドが安心です。

リールはノーマルギア・ハイギア好みの方でOKですが、ラインスラックを早く回収したり、テンポ良く探っていくにはハイギアが有利です。

ラインはフロロまたはナイロンの14〜16lb辺りで問題ないでしょう。

ご自身の使用されているタックルの中から最適なものを選んで投げてみてください。

まとめ

今回はデッドスローラーについてインプレしました。

数あるシャッドテールワームの中で、デッドスローラーはデッドスローに特化したワームになっています。

使い勝手は決して万能ではないものの、水面直下をスローに探ることができるため、バスがチェイスしてくる様子が見えたり迫力あるバイトシーンを堪能できます。

購入を検討されている方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。