バリアルハンドル95

DRT「バリアルハンドル95mm」インプレ・レビュー!使って分かった高級カスタムハンドルの良さ!

DRTのバリアルハンドル95mmを実釣で使用してきましたのでインプレします。

バリアルハンドルはリール1台買えるほどの価格のためずっと悩んでいましたが、ビッグベイト用に欲しくなり、購入する機会もあって遂に入手することができました。

そこでこの記事では、実際にバリアルハンドルを使った感想をご紹介したいと思います。

  • バリアルハンドルってどうなん?
  • 巻き心地は変わるの?
  • 95mmの用途は?

など、バリアルハンドルが気になっている方は参考にしてみてください。

バリアルハンドル95mmのインプレ・レビュー!

バリアルハンドル95

今回購入したバリアルハンドルは95mmのブラック、スリムノブが装着されています。

別売のセンターナットもブラックを購入し、手持ちの12アンタレスHGに取り付けました。

ハンドルの詳細や取り付け方法を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

ここからは実釣で使用した意見を述べていきます。

デザインがかっこいい

バリアルハンドル95

バリアルハンドルはとにかくデザインが優れていて、どの角度から見てもかっこいい!

カスタムハンドルにする理由は様々だと多いと思いますが、個人的にはロングハンドル化に加えて見た目も外せないポイントだと思っています。

特にバリアルハンドルはシマノリールと相性が良く、特にアンタレスやカルコンとマッチしますね。

デザインだけでバリアルに手を出すのも有りですが、用途を間違えば使いにくいハンドルにもなるので、どのタックルで使うか考えて検討するのが良さそうです。

重いけど剛性感抜群

バリアルハンドル95と12アンタレス純正ハンドルの重さ

95mmはハンドルとノブで55gもあります。

純正ハンドルは26gに対して大幅な重量増加となり、軽量タックルに慣れている僕からすればハンドル側に重心が偏ったように感じました…

しかしハンドルの剛性感は半端なく、どんなデカバスが来てもゴリ巻きしても雑に扱ってもたわみを感じにくく頑丈にできています。

この剛性感が感度の良さにもつながっていると思いますが、パワー重視で重さは二の次という印象でした。

ノブは濡れるとグリップ力アップ

バリアルハンドル95

バリアルハンドルのノブはとにかくデカイです。

これだけ大きいノブを使うのは初めてでしたので、正直慣れるのか心配でした…(すぐ慣れましたけどw)

ビッグベイトなど大きく重いルアーを投げているとスリムノブはしっかり握れて使いやすいですが、逆にルアーが軽くなるとノブの大きさが気になりオーバースペック気味に感じてきます。

ノブは濡れていない状態でもグリップ力が強く、完全に濡れるとグリップ力は更に増し、良く考えられた素材だなと思いました。

オプションノブも様々なタイプが出ているので、今度付け替えてみようと思います。

95mmの使用感や巻き心地

バリアルハンドル95

実釣ではタイニークラッシュとクラッシュ9を投げてみましたが、アクションを加える釣りよりもじっくり巻く釣りに向いていると感じました。

琵琶湖などビッグレイクになるともっと大きいハンドル長も欲しいってなるかもしれませんが、野池や小規模リザーバーがメインの僕には95mmは取り回しが良くベストなサイズです。

巻き心地はリールに依存するようで純正ハンドルとそこまで違いは分からず…

それよりも、ノブが大きくなったこととロングハンドル化したことで巻き感が軽くなり、巻き心地が良くなったように思います。

買って良かった点・悪かった点

バリアルハンドル95

良かった点

  • 剛性感が高く強度不足を全く感じない
  • 長過ぎず短過ぎないハンドル長
  • デザインがかっこいい

バリアルハンドル全てに言えることかもしれませんが、パワーハンドルとしての性能は十分満たしており、それでいて滑りにくいノブとかっこいいデザインで所有感がとても高いです。

また、95mmというハンドル長は長過ぎず短過ぎず、一般的なビッグベイトなら95mmで何でもこなすことができそうです。

できることなら87mmも入手して、撃物や巻物でも使ってみたいですね…

悪かった点

  • リール1台買えるほどの価格
  • 自重が重い
  • 用途が限られる
  • ノブが汚れやすい

悪かったところは定価でも2万以上と非常に高価です。

メルカリやオークションでは3万以上で取引されており、ハンドルに何万も出すならリールかロッドを買った方が良いのでは?と思える価格ですね…

頑丈なプレートと大きいノブが付いているので仕方ないですが、ハンドルが重くタックル全体が重くなります。

ビッグベイトなら重さはあまり気にならないかもしれませんけど、ビッグベイトをする頻度が少なければ、バリアルを導入するメリットは少ない気がしました。

ノブはラバーみたいな素材なので砂や汚れが付きやすく、時々洗ってメンテナンスする必要がありそうです。

バリアルハンドル95mmの利点・おすすめ用途

バリアルハンドル95

  • 巻き上げパワーの向上
  • 一定のスピードで巻きやすい
  • タイニークラッシュやハネモノに最適

95mmは純正ハンドルより巻き上げトルクが向上し、一定のスピードでリトリーブがしやすくなるなど、ビッグベイトを使う上で様々なメリットがあります。

特にデッドスローで巻く必要があるタイニークラッシュやクラッシュ9やハネモノなど、そう言ったルアーにとても合うハンドルでした。

アクションを加えたいときはノブのグリップ力が効いてジャークもやりやすいと思いました。

早巻きはあまり向いていない感じがしたので、やはり95mmは腰を据えてじっくり巻いて釣るような用途が一番向いているんだろうと思います。

まとめ

バリアルハンドル95・クラッシュ9

ビッグベイト用に買ってよかったと思えたハンドルでした。

バリアルハンドルの良さを一度体感すると、もう純正ハンドルには戻れません…

なかなか入手できないので他のタックルはバリアルに変えることはないと思いますが、これでしばらく使っていこうと思います。

検討されている方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です