ライザージャックJr

FishArrow×DRT「ライザージャックJR.」インプレと使い方!ライズアップアクションで誘う小型ビッグベイト!

フィッシュアローとDRTのコラボルアー、ライザージャックJrを使ってきましたのでインプレします。

大人気ルアーのライザージャックにジュニア版が追加されました。

オリジナルのアクションはそのままにボディがダウンサイジングされ、フィールドやタックル選ばず使いやすいサイズ感になっています。

この記事では、ライザージャックJrをインプレしつつ、ライザージャックとの使用感の違いを解説していきます。

ライザージャックJrのインプレ

ライザージャックJr

見た目はオリジナルよりかなりコンパクトになった印象でした。

Vテールはタイニークラッシュ用のVテールが装着されているので、ボディサイズに対してテールがやや大きく感じますが、全体としてはちょうどいいバランスに収まっています。

アクションに関して言えば、若干ロールの入った大人しいアクションです。

オリジナルのライザージャックよりも引き抵抗が軽く軽快なキャスト&リトリーブが可能、ロッドアクションを付けやすいです。

ダウンサイジングされたことで集魚力は落ちますが、早巻きで探ったりライズアップアクションがさせやすいと思いました。

ただしスロー巻きやドックウォークはできないのであくまで巻き物として使うに限ります。これはライズアップアクションを可能とするルアーの性質上仕方ないことなのかもしれません。

オリジナルが大き過ぎて使い辛いと感じていた方や、ボートはもちろん陸っぱりでも使いたい方にはJrがおすすめですね。

ライザージャックJrの概要

ライザージャックJr

DRTカスタムチューンにより全てをアップデート“マッチ ザ ベイト”にこだわる「Jr.」誕生!オリジナルの「早巻きアクション」と「ライズアップアクション」を継承しつつ190mm・44gにダウンサイジング!

フィールドを選ばない絶妙なサイズ感とMHクラスのロッドで対応できる扱いやすさにこだわりました。関東のフィールドや野池にもアジャストできるサイズになっており、陸っぱりアングラーにもおすすめです。またTiNY KLASH Vテールを搭載したことで、ボディの動き過ぎを制御した“ナチュラルアクション” とリップを外した“表層V字引き” でのボディのふらつきを制御します。

出典:FishArrow|RiSER JACK JR.

スペック表・フックサイズ

RiSER JACK RiSER JACK JR.
サイズ 220mm 190mm
重さ 2.5oz(約70g) 1.5oz(約44g)
定価 5,800円(税抜) 5,600円(税抜)
フックサイズ #1 #2
発売日 2020年6月 2022年3月

カラーラインナップ

ライザージャックJr カラー

出典:FishArrow|RiSER JACK JR.

  • #01 スペクター
  • #02 プロブルー
  • #03 レモネード
  • #04 フルムーンSP
  • #05 池原スペシャル
  • #06 夜用スーパー
  • #07 ビワサギ
  • #08 クイーン
  • #09 バイオレット
  • #SP セブンティースギル

※全10色(2022年7月現在)

関連製品

関連動画

取扱店・入手方法

ライザージャックJrはフィッシュアローまたはDRT取扱店に入荷してきます。

例えば、ポイント・レジャックス・かめや・ブンブンなど、大手量販店にも時々入荷してきます。

しかし入荷するタイミングを予測しずらく個数も少ないため、実際に購入できるかは運次第になってくることが多いです。

入手したい場合は頻繁に釣具店に通う忍耐力と入荷情報や抽選の開催を気にかける必要があるでしょう。

僕は近所の釣具店に行ったとき、店員が陳列作業をしていたのをたまたま見つけ購入できました。

以前はメルカリでも倍近い価格で取引されていましたが、最近は定価並みに落ち着いてきていますので、どうしても買えない方は転売品を買うのもありかもしれません。

ライザージャックJrの使い方

ライザージャックJr

ライザージャックJrのアクション方法は主に以下の3つです。

  • ライズアップアクション
  • 早巻き
  • ただ巻き

基本的にJrもオリジナルと同じ使い方ができます。

ライズアップアクションは、早巻きとポーズを繰り返すアクションのことを言います。

キャストして着水したらリールを早めに巻いてルアーを深く潜らせ、ポーズさせて浮かせることでバイトを誘発します。

早巻きでは、シャッドやミノーを扱うときと同じように早く泳がせて逃げ惑うベイトを演出します。

いつでもどこでも早巻きで釣れるという訳ではありませんので、季節やフィールドの状況をしっかり見極める必要があるでしょう。

また、ただ巻きでも十分釣れる可能性があるため、使い方が難しいと感じた方はただ巻きから始めてみても良いかもしれません。

タックルセッティング

ベイトタックル

ロッドはMH〜Hクラスのバーサタイルロッド、またはビッグベイト用のロッドを使用します。

リールは好みのもので良いですが、ギア比はハイギアかエクストラハイギアをおすすめします。

ハイギアやエクストラハイギアならライズアップアクションと早巻きを効率的に行うことができ、ライザージャックのアクションを最大限に活かすことができます。

ラインはフロロカーボン16lbが適正範囲です。

ご自身の使用されているタックルの中から最適なものを選んで投げてみてください。

まとめ

今回はライザージャックJrについて解説しました。

オリジナルのアクションをそのままに、早巻きやライズアップアクションを軽快に行えるサイズ感になっています。

Jrになっても上級者向けのルアーであることは間違いなく、使いこなす事ができればオリジナルより多くの魚をキャッチすることができるはずです。

購入を検討されている方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。