ジャックハンマー ステルスブレード

エバーグリーン「ジャックハンマー SB ステルスブレード」インプレ!プラスチックブレード搭載のチャターベイト!

ジャックハンマーSB(ステルスブレード)を使ってきましたのでインプレします。

アメリカで発売されたジャックハンマーのプラスチックブレード搭載モデルの輸入品を購入しました。

オリジナルよりも大幅に変更が加えられ、アピール力を抑えた設計になっています。

今回はそんなジャックハンマーステルスブレードを使った感想と、オリジナルとの比較を解説していきます。

ジャックハンマーSBのインプレ

プラスチック製のブレードを搭載

ジャックハンマー ステルスブレード

ステルスブレードの最大の特徴は、プラスチック製のブレードが搭載されている点ですね。

通常のブレードよりも小型のブレードとなっていて、8の字状のパーツで連結されています。

プラスチックは割れる可能性があるので強度的に不安はありますが、厚みのあるブレードでしたのでこれなら問題なさそうです。

オリジナルのジャックハンマーと比較

ジャックハンマー ステルスブレード

ジャックハンマー3/8ozと並べてみました。

最初はブレードを付け替えただけかと思っていたら、色々と細かい変更が加えられています。

  • オーバルリング採用
  • アイの角度が高い
  • ラバーの太さが細い
  • フッ素コーティング細軸フック採用

通常ブレードにはスナップが装着されていますが、ステルスブレードはオーバルリングが使われています。

また、アイの角度が高く低重心設計、ラバーも細く量も少なくなっています。

フックサイズに変わりはありませんが、デコイ製のフッ素コーティングされた細軸のフックが採用され、トレーラーワームを固定するフックキーパーも若干変更されていました。

全体的にオリジナルよりも少しコンパクトになった印象です。

ジャックハンマーSBでの釣果

ブラックバス

先日の実釣で使った印象としては、海外仕様ながらも日本向けなチャターベイトですね。

ジャックハンマーは良く釣れるチャターですので、プラスチック製のブレードになっても実力を引き継いでいると思います。

使用感はハイピッチ&微振動系チャターと言った感じですが、初動のレスポンスが良く早巻きにも対応できました。

フックは細軸になったことで耐久性に欠けますけどしっかりフッキングでき、低重心設計が効いて安定して巻くことができます。

ジャックハンマー ステルスブレード

3/8ozのレンジは普通に巻いて1m前後、早巻きだと浮き上がりやすいです。

1/2ozなら深いレンジまで探ることができ、野池では3/8ozで十分ですけどリザーバーなどでは1/2ozが良いと思いました。

オリジナルとステルスブレードどっちがいいか聞かれると、個人的にはオリジナルに軍配が上がりますが、フィールドによって使い分けると良さそうです。

ジャックハンマーSBの概要

ジャックハンマー ステルスブレード パッケージ

ジャックハンマーステルスブレードは、ジャックハンマーにプラスチックブレードを搭載したモデルです。

オリジナルよりもナチュラルなアクションとなっていて、プレッシャーの高いフィールドやクリアウォーター向けに作られたチャターベイトです。

日本では2021年6月に発売される予定で、僕は輸入品を7パームスで購入しました。

ウエイトは3/8ozと1/2ozの2種類、カラーは全部で7色、海外で人気のグリーンパンプキンもしっかりラインナップされています。

スペック表

ジャックハンマー ステルスブレード パッケージ

重さ 3/8oz・1/2oz
カラー 7色
定価 1,150円(税別)
発売日 2021年6月

カラーラインナップ

ジャックハンマー ステルスブレード カラー

出典:エバーグリーン|ジャックハンマーSB

  • #27 チャートシャッド
  • #40 グリーンパンプキンチャート
  • #43 クリアウォーターシャッド
  • #54 コールドシャッド
  • #55 シークレットホワイト
  • #57 ベイビーギル
  • #100 ダークグリーンパンプキン

関連動画

使い方とトレーラーワーム

ここではチャターの基本的な使い方と、ステルスブレードに最適なトレーラーワームを解説していきます。

ただ巻き&高速巻き

ジャックハンマー ステルスブレード

使い方はとっても簡単で投げて巻くだけで釣れます。

ですが、ただ闇雲に投げて巻くのではなく、バスが付いてそうなシャローや岸際に沿って流していくイメージです。

ステルスブレードはクリアウォーターのフィールドや流れがある場所に向いており、そういった場所で広範囲を素早く探りたいときに効果的です。

逆に濁りが強い場所では不向きですので、そのような場所ではオリジナルのジャックハンマーが良いでしょう。

おすすめのトレーラーワーム

色々なトレーラーワームを試した中でフルスイング3.5インチがジャストサイズでした。

3.5インチという小型のサイズ感がステルスブレードにマッチして、テールのアピールも加わりバイト誘発率を高めることができます。

トレーラーの種類はシャッドテール系以外にピンテール系もありますが、サイズは3.5インチ〜4インチくらいを選び、早巻きで使うならピンテール系、シャローを狙うならシャッドテール系がおすすめです。

まとめ

ジャックハンマー ステルスブレード

今回はジャックハンマーステルスブレードについてご紹介しました。

一軍入りするほど尖った性能のあるチャターではありませんでしたが、ステルスブレードはプレッシャーが高いフィールドに特化したチャターベイトと言えます。

海外の口コミでは不評のコメントも多いようですけど、このチャターの特性を考えたら日本の方が活かせる場面が多いのではないでしょうか。

ハイプレッシャーフィールドでチャターを使っても釣れなくて悩んでいた方は、ステルスブレードを試してみるのも良いかもしれません。

これからステルスブレードを使う方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です