レベルミノー クイック72

レイドジャパン「レベルミノークイック72」インプレと使い方!飛距離・レスポンス・アピール力を備えた小型ミノー!

レイドジャパンのレベルミノークイック72を使ってきましたのでインプレします。

あのレベルミノーにダウンサイズされた小型のモデルが登場しました。

オリジナルのアクションをそのままに、小型ながら飛距離とレスポンスとアピール力を兼ね備えたミノーになっています。

この記事では、レベルミノークイック72の使用感を解説しつつ、使い方やタックルについて解説していきます。

レベルミノークイック72のインプレ

マグネット式重心移動を搭載したぶっ飛びミノー

レベルミノー クイック72

レベルミノークイックは小型ミノーの欠点である飛距離の無さを克服したルアーです。

小型ミノーって飛ばないものが多いですが、レベルミノークイックはタングステンの重心移動を搭載しているので見た目以上にぶっ飛びます!

ミノーは広範囲を攻めるルアーでもあるで、この飛距離は大きなアドバンテージとなり、風が強い日やオカッパリでは特に有利となるでしょう。

また、アクションはオリジナルのレベルミノーをそのままコンパクトにした印象です。

レスポンスが良くロール感のある動きは小さくなっても健在で、非常に使い勝手が良いものでした。

クイックなアクションと強いフラッシング

レベルミノー クイック72

レベルミノークイックはその名の通りクイックなアクションが得意です。

ただ巻きでもジャークでも機敏に動くためフラッシング効果が高く、小型ミノー特有のアピール力の弱さをフラッシングで補ってくれます。

ジャークではスローフローティングの割りに浮力が高いので少し使いにくく感じましたが、ただ巻きではレンジキープしやすくロッドの角度によってレンジコントロールがしやすくなっていました。

フィールドの規模やベイトの種類によってレベルミノーは大きいと感じる場面もあると思うので、そういった時にクイックはちょうど良いサイズ感だと思いました。

レベルミノークイック72の概要

レベルミノー クイック72

■LEVEL MINNOWシリーズ共通の爽快なキャストフィールを継承
Quick72は、マグネット固定式タングステン重心移動にプラスしてボディ最後尾にもウェイトを配置した新機構の導入によって、スピニングタックルはもちろんのことベイトフィネスタックルにおいてもボディサイズをものともしない爽快なキャストフィールと飛距離を実現しています。

■LEVEL MINNOWシリーズ特有のスイムレスポンスを継承
LEVEL MINNOWシリーズ特有の圧倒的なスイムレスポンスをコンパクトボディに封入。ハイギヤリールを用いた高速リトリーブにも泳ぎ切る優れた安定性と、水中を一閃する稲妻のようなインパクトとキレのあるスイムアクションによって、小型ボディをネガとしないアピールを水中で放ちます。

出典:RAID JAPAN|LEVEL MINNOW Quick72

スペック表・フックサイズ

タイプ スローフローティング
サイズ 72.0mm
重さ 3/16oz. Class.(約5.3g)
フックサイズ #10
定価 1,760円(税込)
発売日 2022年3月24日

カラーラインナップ

レベルミノー クイック72 カラー

出典:RAID JAPAN|LEVEL MINNOW Quick72

  • LMQ001 LIME CHART
  • LMQ002 LEMON POWER
  • LMQ003 PEARL SHAD
  • LMQ004 BAIT JAPAN
  • LMQ005 NEON WAKASAGI
  • LMQ006 JEWEL WAKASAGI
  • LMQ007 PEARL WAKASAGI
  • LMQ008 REAL KINKURO
  • LMQ009 CLOWN
  • LMQ010 GHOST SHAD

※全10色(2022年3月現在)

関連動画

使い方・アクション方法

レベルミノー クイック72

レベルミノークイックの使い方は主に以下の2通りです。

  • ただ巻き
  • トゥイッチ&ジャーク

ミノー系全てに言えることですが、ただ巻きでシャローを広範囲巻いてバイトを誘うことがレベルミノークイックの基本的な使い方です。

リトリーブスピードはミディアムリトリーブから速巻きがおすすめ!

クイックは幅広いリトリーブスピードに対応しており、普通巻きはもちろん速巻きでもバランスが良く、逃げ惑う小魚を簡単に演出できます。

また、小型ミノーとしては強めのウォブリングアクションのため、濁りが強いフィールドでもただ巻きだけで十分アピールしてくれます。

小型ミノーのメリットはテンポ良く探れることで、一度投げて釣れなかったとしても角度を変えたりコースを変えて何度もアプローチすることで釣れる確率が上がるでしょう。

タックルセッティング

スピニングタックル

タックルはスピニングタックルまたはベイトフィネスタックルのいずれかを使用します。

スピニングではMLクラスの一般的なスピニングロッド、ベイトフィネスではLクラスのベイトフィネスロッドです。

リールは好みのものでOKですが、ギア比はハイギアをおすすめします。

小型ミノーはキャスト数が増えることが多く、糸ふけを回収したり、ルアーを素早く立ち上げてアクションを開始するにはハイギアの方が効率が良いからです。

ラインはスピニングならPEにリーダー7〜8lb、ベイトフィネスならフロロ8lbが最適です。

ご自身の使用されているタックルの中から最適なものを選んで投げてみてください。

まとめ

今回はレベルミノークイックについて解説しました。

バス釣りのルアーの中で小型ミノーは少なく、シャッドと違って浅場でも根掛かりを恐れずにテンポよく探れるミノーは使い勝手が良いです。

よく飛んでしっかり動いて、小型ミノーの欠点が目立たないのもクイックの良さと言えるでしょう。

これからレベルミノークイックを使う方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。