ナギサ65SP

ジャッカル「ナギサ65SP」インプレ!究極のi字と噂のナギサを使ってみた!

ジャッカルのナギサ65SPを使ってきましたのでインプレします。

今年はi字の釣りがブームということもあり、各メーカーから様々なi字系ルアーが発売されています。

その中でも究極のi字と話題になっているナギサ、たまたま釣具店で売っているのを見かけ、物は試しと思って買ってみました。

今回はナギサを使った感想と、使い方や最適なタックルについて解説していきます。

ナギサ65SPのインプレ

素直に真っ直ぐ泳ぐi字系ルアー

ナギサ65SP

ナギサは直進性が良く安定感が凄いです!

i字引きしても軽いジャークを加えてもほとんどフラつくことなく真っ直ぐ前を向いて泳ぎます。

恐らくリアフックの付け根に付いているフィンがスタビライザーの役割を果たしているのと、フックが前後2つ付いているため、不安定そうな見た目ながらも常に安定姿勢をキープできているのではないかと。

テールはエラストマー製なので保管が面倒ですが、スペアテールも販売されますのでテールが溶けてしまっても何とかなりそうです。

アイアロー65・ワカサギベイトと比較

ワカサギベイト65F・ナギサ65SP・アイアロー65

ナギサのライバルと言えはイマカツのアイアロー65だと個人的に思っていますが、ナギサはかなりリアルですけどアイアロー65に一歩及ばずという印象でした…

しかしナギサはテールがエラストマー製ですので、これがどれだけスレたバスに効くのか気になるところですね。

ナギサ65SPを実釣で使ってみた

ブラックバス

最初にも書いた通りナギサは安定感が良く、少々の波風だったとしてもフラつくことなくi字引きできます。

他のi字系プラグは少し風があるだけでもルアーが斜めになって使いにくく感じたことがあったので、ナギサはサスペンドであることのメリットも大きいと感じました。

i字の釣りに不慣れな僕でもナギサならバスを釣ることができ、誰でも扱いやすいi字系ルアーなのではないかと思います。

ナギサ65SPの概要

ナギサ65SP

ナギサはi字系の第一人者とも言えるジャッカルの加藤誠司氏がプロデュースしたルアーです。

最大の特徴はリアフック部の付け根に付けられているスタビライザー(フィン)、これは水の流れを整流する効果があり、安定した操作性を実現しています。

また、テールはエラストマー製のソフトテールを採用、本物の小魚のようなボディデザインとソフトテールにより、非常にリアルな質感を再現されています。

スペック表

サイズ 本体:65mm
テール含む全体:97mm
タイプ サスペンド
重さ 3.8g
定価1,760 円(税抜)
フックサイズ RB-M#12

カラーラインナップ

ナギサ65SP カラー

  • HALF MIRROR WAKASAGI / ハーフミラーワカサギ
  • SEXY CLEAR PINK / セクシークリアピンク
  • NAMA SHIRAUO / ナマシラウオ
  • PINKY CHART CROWN / ピンクチャートクラウン
  • SK NATURAL WAKASAGI / SKナチュラルワカサギ
  • SK SECRET BAIT / SKシークレットベイト
  • SK DARK THUNDER CLEAR BAIT / SKダークサンダークリアベイト
  • SK CLEAR MAGIC BAIT / SKクリアマジックベイト
  • RT UROKO HL WAKASAGI / RTウロコホロワカサギ
  • RT MIRROR KASUMI WAKASAGI / RTミラーカスミワカサギ

出典:ジャッカル|ナギサ

ナギサ65SPの使い方

ナギサ65SP

ナギサの使い方は主に以下の2つです。

  • i字引き
  • 放置(デッドスティッキング)

水面直下をノーアクションでスローに真っ直ぐi字引きします。

i字引き最中は下手にアクションを加えたりするとバスに見切られる場合もあるので、一定の速度でゆっくり引くことが一番釣れるコツです。

バスが鼻先で見切る原因はルアーの不自然な姿勢や動きに原因があり、ナギサはその辺を徹底的に排除した作りになっていますので、i字引きするだけで十分釣れる力を持っています。

タックルセッティング

スピニングタックル

ナギサにはUL〜Lクラスのスピニングタックルを使用します。

リールは2000〜2500番、i字系ルアーのラインは基本的にPE0.6〜0.8号+フロロリーダー5lbが良いとされています。

PEは使わずフロロだけでも問題ありませんが、飛距離を出したいときや安定したi字引きを実現したいときは、PE+フロロリーダーの構成が操作性に優れています。

リーダーの長さは1m程度を装着し、状況に合わせてi字系用のタックルを組んでみてください。

まとめ

圧倒的な安定感と直進性を持ち合わせたナギサは、加藤誠司プロのi字系へのこだわりが詰められたルアーとなっていました。

様々なi字系ルアーがある中で、i字系初心者から上級者まで幅広くおすすめできるルアーです。

これからナギサを使う方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です