シマノ2021新製品

シマノ2021新製品まとめ!リール・ロッドの注目モデルを一挙紹介!

1月22日18時にシマノの新製品情報が解禁となりました。

今回はそこで発表された2021年のシマノの新作をまとめましたので、ルアーフィッシングに関するリール・ロッドを中心にお届けしたいと思います。

今年はシマノ創業100周年ということもあって驚きの内容となっています!

ベイトリールは「21アンタレスDC」をはじめ、スピニングリールでは「21ツインパワーSW」が登場し、リールが多数追加されます。

本記事では、スペックや発売日も記載していますので、こちらの記事で一気にチェックしてみてください!

ベイトリールの2021新製品

2021年シマノ新製品(ベイトリール )

製品名 ラインナップ スプール寸法
(径mm/幅mm)
自重 価格 発売時期
21アンタレスDC ノーマル / HG / XG 37/19 220g 77,000円 右:3月
左:5月
21カルカッタコンクエスト 100 / 101 / 100HG / 101HG
200 / 201 / 200HG / 201HG
33/19
38/21
220〜240g 54,600円

56,700円
3〜6月
21スコーピオンDC 150 / 151
150HG / 151HG
150XG / 151XG
34/25 215〜225g 37,500円 右:4月
左:5月
21スコーピオンMD 300XG / 300XGLH 43/22 315〜320g 36,000円 右:5月
左:6月
21SLX BFS ノーマル / XG 32/22 170g 24,000円 右:4月
左:6月

21アンタレスDC

21アンタレスDC
出典:シマノ|アンタレスDC

  • MGLスプールⅢ
  • 4×8DCブレーキ
  • エクストラハイギア(XG)追加
  • ソルト対応

21アンタレスDCはDCブレーキ付きリールでは初となる「MGLスプールⅢ」を搭載しています。

DCユニットは4×8DC、旧モデルの16アンタレスDCと同じシステムですが、従来よりも性能がアップしてMGLスプールⅢとの相乗効果により驚異的な遠投性能を実現。

キャスト後半でも失速することなく、伸びのある弾道を体感できます。

また、ボディも若干小型化され海水にも対応、ギア側にメカニカルブレーキを配置し、海水で使用後のメンテナンス性を向上しています。

マイクロモジュールギアやX-SHIPもこれまで通り搭載、この1台にシマノの最新技術を詰め込み、フラッグシップモデルとして相応しいリールになっています。

21カルカッタコンクエスト

21カルカッタコンクエスト
出典:シマノ|カルカッタコンクエスト

  • MGLスプールⅢ
  • インフィニティドライブ
  • SVS∞(インフィニティ)

金色に輝く究極の巻物リール、カルカッタコンクエストにも「MGLスプールⅢ」が搭載されました。

ナロー化された33mm経のMGLスプールⅢはキャスト後瞬時に回転が立ち上がり、飛距離を出しつつ軽快なキャストが可能です。

また、バス用のベイトリールとしては初となる「インフィニティドライブ」を採用し従来よりも巻き上げパワーが向上、剛性感溢れる巻き心地を堪能できます。

また、ボディも若干小型化されてパーミングとフィット感も良くなっています。

21スコーピオンDC

21スコーピオンDC
出典:シマノ|スコーピオンDC

  • MGLスプール
  • I-DC5ブレーキ
  • マイクロモジュールギア
  • X-SHIP

スコーピオンDCが4年目にしてフルモデルチェンジされました。

DCユニットはI-DC5、スプールは幅広の「MGLスプール」を搭載しています。

従来のI-DC5よりも性能がアップしていて、軽量なMGLスプールとの組み合わせにより、飛距離が出るようになっています。

また「マイクロモジュールギア」や「X-SHIP」も入っていますので、巻き上げパワーと巻き心地も向上しました。

価格もDCリールとしては控えめのため、コスパと性能を兼ね備えたモデルです。

21スコーピオンMD

21スコーピオンMD
出典:シマノ|スコーピオンMD

  • 43mmの大径スプール
  • SVSは8個のブロック
  • マイクロモジュールギア
  • X-SHIP

スコーピオンDCに続いて、スコーピオンMDが新たに追加されます。

MD(モンスタードライブ)とはモンスタークラスの怪魚をターゲットとしたリールで、これまで上位機種の18アンタレスDC MDしかありませんでしたが、ついにスコーピオンへMDの称号が与えられました。

太糸に対応した43mmの大径スプールを搭載し、SVSブレーキはブロックを8個へ増加、ビッグベイトなど空気抵抗が大きいルアーや向かい風の状況でもバックラッシュを防ぐことができます。

更にハンドル1回転あたり107cmという巻上長と、ギア比7.9のエキストラハイギアによって、素早いルアー操作が可能です。

21SLX BFS

21SLX BFS
出典:シマノ|SLX BFS

  • FTB(フィネスチューンブレーキシステム)
  • エキサイティングドラグサウンド

コストパフォーマスに優れたSLXにベイトフィネスモデルが追加されます。

ブレーキシステムは16アルデバランBFSなどにも搭載されているFTB(フィネスチューンブレーキシステム)が採用され、軽量ルアーに特化したモデルです。

他のFTB搭載機種と比べて価格が安く基本性能も劣らないため、初心者から上級者までベイトフィネスを手軽に導入することが可能となりました。

スピニングリールの2021新製品

2021年シマノ新製品(スピニングリール )

製品名 ラインナップ 自重 価格 発売時期
21ツインパワーSW 4000XG / 5000HG / 5000XG
6000PG / 6000HG / 6000XG
8000PG / 8000HG / 10000PG
10000HG / 14000PG / 14000XG
350〜660g 52,900円

72,300円
3〜5月
21ツインパワーXD C3000HG / C3000XG / 4000PG
4000HG / 4000XG / C5000XG
200〜245g 47,000円

48,500円
4月
21エクスセンス C3000M / C3000MHG
3000MHG / 4000MXG
240〜280g 60,000円

62,000円
4月
21コンプレックスXR C2000F4 / C2000F4 HG
2500F6 / 2500F6 HG
155〜175g 34,300円

35,300円
4月
21アルテグラ 1000 / C2000S / C2000SHG
2500 / 2500SHG / C3000
C3000HG / C3000XG / 4000
4000XG / C5000XG
180〜285g 16,300円

20,500円
3〜5月

21ツインパワーSW

21ツインパワーSW
出典:シマノ|ツインパワーSW

  • インフィニティドライブ
  • ヒートシンクドラグ
  • Xシールド
  • Xプロテクト

ソルト用スピニングリールの大人気機種、ツインパワーSWがモデルチェンジされました。

見た目は旧モデルからガラリと変わりシルバー&紺基調のデザイン、19ステラSWに採用されていた「インフィニティドライブ」や「ヒートシンクドラグ」が搭載され、長時間のファイトでも安心してやり取りできます。

また、19ステラSWと比較しても性能面ではほとんど劣りません。

より巻き上げパワーのあるタフなリールに仕上がっていますので、ショア・オフショアでオールラウンドに活躍するモデルです。

21ツインパワーXD

21ツインパワーXD
出典:シマノ|ツインパワーXD

  • マイクロモジュールギアⅡ
  • ロングストロークスプール
  • サイレントドライブ
  • バリアコートスプールリング
  • Xプロテクト

21ツインパワーSWのモデルチェンジと同時に、ツインパワーXDも新しくなりました。

技術面ではマイクロモジュールギアⅡ・ロングストロークスプール・サイレントドライブといった最新機構を搭載。

今までステラSWのスプールにしか搭載されていなかった「バリアコートスプールリング」も採用、ライントラブルと遠投性能を両立して高負荷でもラインへのダメージを軽減します。

ショアジギングなどにおすすめのコストパフォーマンスに優れたモデルです。

21エクスセンス

21エクスセンス
出典:シマノ|エクスセンス

  • マグナムライトローター
  • マイクロモジュールギアⅡ
  • ロングストロークスプール
  • サイレントドライブ

シーバスゲームに特化したスピニングリール、エクスセンスもモデルチェンジされました。

マグナムライトローターと新たにマイクロモジュールギアⅡが搭載され、巻き感が非常に軽くレスポンスが良くなっています。

そして、最新機種には当然のように搭載されている、マイクロモジュールギアⅡ・ロングストロークスプール・サイレントドライブなども搭載。

また、ボディ素材にマグネシウムを使用したことで旧モデルから20g以上軽量化を実現しています。

シーバス専用機として抜け目ないスペックに仕上がっています。

21コンプレックスXR

21コンプレックスXR
出典:シマノ|コンプレックスXR

  • マグナムライトローター
  • マイクロモジュールギアⅡ
  • ロングストロークスプール
  • サイレントドライブ

バスフィッシングに特化したコンプレックスが新技術を詰め込んで新しくなりました。

レスポンス重視の機種では定番となっているマグナムライトローターはもちろん、マイクロモジュールギアⅡ・ロングストロークスプール・サイレントドライブなどの最新機構が全て入っています。

また、C2000サイズにハイレスポンスドラグ、2500サイズにはラピッドファイアドラグとなっていますので、モデルに応じてドラグ性能が強化されました。

21アルテグラ

21アルテグラ
出典:シマノ|21アルテグラ

  • マイクロモジュールギアⅡ
  • ロングストロークスプール
  • サイレントドライブ

最後はエントリーモデルのアルテグラもモデルチェンジされました。

なんと「マイクロモジュールギアⅡ」と「ロングストロークスプール」を搭載している点。

19ストラディックと比較しても性能面ではほとんど劣らず、1万円台のリールとしては破格のスペックになっています。

気になる点は自重が2500番で225gとやや重いですが、価格の安さを考えると妥協できてしまうレベル。

リーズナブルでありながら上位機種のキャスト性能と巻き感を体験できるコスパ最強スピニングリールです。

ロッドの2021新製品

21ポイズングロリアス

21ポイズングロリアス

出典:シマノ|ポイズングロリアス

製品名 ラインナップ 価格 発売時期
ポイズングロリアス 161L-BFS / 164MH / 165XH-SB
166M / 1610M / 1610MH
170H / 174MH+ / 2510UL
263ML / 266L / 267UL+
268M+ / 2610L/MH / 2610L-S
57,000円

62,000円
スピニング:3月
ベイト:4月

ロッドはポイズングロリアスがフルモデルチェンジされ、ファーストラインナップは15機種!

アルティマやアドレナで使用されている「フルカーボンモノコックグリップ」を搭載したモデルが登場します。

全てにフルカーボンモノコックグリップを採用したのではなく、用途に応じてコルクグリップのモデルがありますので、コルクに慣れている方には嬉しいモデルチェンジですね!

また、ブランクスはスパイラルXコアとUBD(アルティメットブランクスデザイン)により更なる軽量化と高感度を実現、アルティマと比較しても性能面は劣りません。

追加機種一覧

製品名 ラインナップ 発売時期
ワールドシャウラ 1653R-3 / 1754R-2
1833RS-2 / 2704RS-2
4月
ワールドシャウラ BG 1954R-3 / 2952R-3 / 21203R-3 2月
ワールドシャウラ
テクニカルエディション
S52UL-3/F / S52L-3/MD 1月
スコーピオン
(ワン&ハーフ2ピース)
1600SS-2 / 1702R-2 / 1787RS-2
2702R-2 / 2831R-2
3月
ポイズンアルティマ
(5ピース)
166L-BFS/5 / 174MH+-5 3月
ポイズンアドレナ 166ML-G / 2510UL / 265UL-S 3月
ポイズンアドレナ
(センターカット2ピース)
265UL-S/2 3月
ゾディアス 1610ML / 266ML-G / 268L-S
166MH-2 / 167M-S/2 / 1610ML-2
172MH-2 / 266ML-G/2 / 268L-S/2
2月

追加機種はワールドシャウラやスコーピオンなどにいくつか番手追加があります。

個人的にポイズンアルティマ(1ピース)とバンタムに追加が無かったのは残念でしたが、ポイズングロリアスのモデルチェンジがあるので納得できますね。

例年から比べて物足りない印象でしたけど、欲しい番手がある方には嬉しい内容ではないでしょうか。

100周年記念ステラは無し!?

シマノ100周年

出典:シマノ100周年記念ティザーサイト

シマノは2021年3月に創業100周年を迎えますので、100周年記念のステラが出ると噂されていました。

しかし今回解禁された情報では記念モデルの発表はありませんでした…

期待していただけに残念ですが、3月23日のカウントダウンで何もない可能性は0ではありません。

ステラが無くても他のリールに力を入れて作られたようで、技術の進化は凄いと思える内容でした。

まとめ

皆さん欲しいリールやロッドはありましたか?

ルアーフィッシングに関する製品に絞っただけでも、2021年はこれだけの新製品がリリースされます!

個人的な意見としては、バス釣り関連の目玉は間違いなく21アンタレスDCとポイズングロリアスのフルモデルチェンジ、スピニングリールはソルトをされている方に特に嬉しい内容ではないかと思いました。

今回取り上げた製品以外にもまだまだありますので、詳細はシマノのホームページまたは総合カタログをご確認ください。

発売直後は品薄が予想されるため、すぐに使いたい方はご予約を忘れずに!

コメントを閉じる2

コメント一覧

  • yoko より:

    個人的にはアルデバランのモデルチェンジを期待してましたが、こればかりはどうしようもないですよねー。でも、新製品が発表されるとタックルの組み合わせを現行モデル含めて再考できるので楽しみが膨らみます。またインプレ期待してます!

    • 管理人 より:

      >yokoさん
      アルデバランのモデルチェンジが無かったのは残念でしたね…
      メタニウムDCもなく、アンタレスDCだったのは意外でした(^^;
      シマノは海外もターゲットとしているので、用途が限られる小径スプールにはあまり力を入れないのかもしれません。
      新製品が発表されて、タックルの組み合わせを考えるのは本当楽しいですよね!
      購入するものはほぼ決まりましたので発売されたらインプレします!

※コメントは管理人の確認後に表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です