ソウルフラット58SF

ジャッカル「ソウルフラット58SF」インプレ!ソウルシャッドとの比較や使い分けも解説!

ジャッカルのソウルフラット58SFを使ってきましたのでインプレします。

シャッドの中で圧倒的人気を誇るソウルシャッドシリーズに、フラットボディを採用したモデルが追加されました。

側面の面積が広くなったことでフラッシング効果と波動を得ることができ、広範囲にアピールできるシャッドプラグになっています。

この記事では、ソウルフラット58SFを実釣で使ったインプレを交えながら、使い方やタックルについて解説していきます。

ソウルフラット58SFのインプレ

フラットボディ効果で抜群の飛距離と安定性

ソウルフラット58SF

ソウルフラットを使った印象としてはとにかく使いやすいシャッドプラグです。

それは、飛距離を出しやすいことと、リトリーブ時のバランスが良いからですね。

他の58mm前後のシャッドってあまり飛ばないことが多く、リトリーブ速度によってはバランスが崩れがちです。

しかしソウルフラットは重心移動システムを取り入れていることでよく飛び、体高のあるボディの恩恵で安定感のある使用感でした。

また、アクションは水中でヒラ打つように泳ぎ、光を多く反射して波動も強いです。

濁った場所でもしっかりアピールしてくれますので通常のシャッドではパワー不足を感じたときに良さそうでした。

また、スローフローティング仕様のため根掛かりも少なく、ストラクチャーが多い場所で重宝します。

他シャッドプラグの比較と使い分け

ソウルフラット58SF・ソウルシャッド58SP・ディービルシャッド55MR

ジャッカルの類似したシャッドと比較してみました。

上から順に…

  • Dビルシャッド55MR
  • ソウルシャッド58SP
  • ソウルフラット58SF

ソウルフラット58SFとソウルシャッド58SPは同じ58mmですが、体高はかなり違いがあります。

体高がある分ウェイトも重くなっていますので、ベイトフィネスでキャストが可能なほどです。

使い分けとしては、濁りが強かったりベイトがギルや小鮒が多いフィールドではソウルフラットかDビルシャッド。

水が比較的クリアで流れがあったり、ベイトがワカサギ系の小魚が多く、早巻きもするならソウルシャッドです。

シャッドが使えるフィールドは河川や湖への流入&水門など、日々一刻と変化するポイントが多いと思いますので、そう言ったところでソウルフラットがあると攻略の幅が広がるでしょう。

ソウルフラット58SFの概要

ソウルフラット58SF

ソウルフラット58SFはソウルシャッドをフラットボディに進化させたシャッドプラグです。

全長58mmとコンパクトながら、体高のあるボディ形状をしており、フラッシング効果や強い水押しで広範囲のバスにアピールします。

また、ソウルシャッドにも搭載されていたマグネット式重心移動システムがソウルフラットにも採用されていて、より飛距離が伸びる仕組みになっています。

リップはソウルシャッドの形状を受け継ぎ、どんなリトリーブスピードでもバランスの崩さない抜群の安定性を誇ります。

スペック表・フックサイズ

タイプ スローフローティング
サイズ 58mm
重さ 6.8g
フックサイズ がまかつ トレブル RB-M #8
定価 1,771円(税込)
発売日 2021年10月26日

カラーラインナップ

ソウルフラット58SF カラー

出典:ジャッカル|ソウルフラット

  • ブラックバックチャート
  • ゴーストワカサギ
  • ウロコホロクラウン
  • ダブルクラッチ金黒
  • POLチャートバックブルーギル
  • SKダークサンダークリアーベイト
  • SKシャンパンゴールドギル
  • SK野池ギル
  • 稚ギル
  • セクシーレーザーワカサギ

※全10色(2021年11月現在)

関連動画

ソウルフラット58SFの使い方

ソウルフラット58SF

ソウルフラットの使い方は基本ただ巻きです。

シャッドプラグ全てに言えることですが、地形変化やストラクチャー周りに投げてひたすら巻くを繰り返します。

ソウルフラットはボディ形状を活かして、濁りや風が強いフィールドなどアピールが必要とされる状況で使用すると良いでしょう。

リトリーブスピードは早巻きから低速巻きまでどちらにも対応しますが季節によって若干変わってきます。

冬の低水温期やプレッシャーが高いフィールドではクランキングのようにゆっくり巻いた方がバスも捕食しやすく、夏のハイシーズンは早巻きで逃げ惑うベイトを演出した方が釣りやすい場合もあります。

タックルセッティング

ベイトフィネスタックル

タックルはベイトフィネスまたはスピニングを使用します。

ロッドパワーはベイトフィネス・スピニングどちらもL〜MLクラスがおすすめです。

リールは早巻きで使うことも想定するとハイギアの方が向いており、ラインはベイトフィネスならフロロ7〜12lb、スピニングならフロロ4〜6lbが最適です。

ベイトフィネスは岸際をテンポよく撃っていきたいときなど手返しを必要とするときに良く、スピニングは飛距離を出したいときやオープンウォーターを広く探りたいときに向いています。

ご自身の使用されているタックルの中から最適なものを選んで投げてみてください。

まとめ

ソウルフラット58SF

今回はソウルフラット58SFについて解説しました。

ソウルフラットはクランクとシャッドの間を攻めてきたクランキン型のシャッドと言えます。

ソウルシャッドを受け継いでいることで動きも見た目も非常に良くできおり、ジャッカルが手掛けるシャッドですからその性能は間違ないでしょう。

これからソウルフラット58SFを使う方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です