イヴォークゼロ

デプス「イヴォークゼロ120」インプレと使い方!片ペラが水面で奏でるクランク型ノイジー!

デプスのイヴォークゼロ120を使ってきましたのでインプレします。

以前からプロトで紹介されていたキムケンプロデュースのノイジーがついに発売されました。

マグナムクランク並のボディに片ペラのプロップが搭載され、音とスプラッシュで広大なエリアでもバスを引き寄せることができるトップウォータープラグになっています。

入手困難なルアーの一つだと思いますが、どんな使用感か知りたい!どうやって使うの?という疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、イヴォークゼロ120のインプレを交えながら、使い方やタックルについて解説していきます。

イヴォークゼロのインプレ

片ペラが発生させる振動がボディに生命感を宿す

イヴォークゼロ

イヴォークゼロ120を使った印象としては、思っていたよりも大人しいアクションでした。

爆音ノイジーということでバズベイトのような水しぶきを上げるパワーを期待していましたが、実際ただ巻きではプロップの回転に連られてボディが少しウォブリングする程度です。

150なら違った印象になるかもしれませんけど、片ペラはスプラッシュや音を出すことを目的としながらも、リップの代わりにボディを揺らすことに重点を置いて作られていると感じました。

また、巻く速さやジャークしたときの力加減によってアピールの強さを自在に調整できます。

早く巻けば広範囲にアピールすることもできるし、遅く巻いたりトゥイッチすればピンポイントを探ることもできます。

抜群の安定姿勢だが早巻きでボディが傾く

イヴォークゼロ

イヴォークゼロは内部構造にも拘って作られているようで、低速巻き〜中速巻きまで安定姿勢をキープします。

プロップが付いたリップレスクランクのバランスを調整するのは、相当難しかったのではないかと思いますね。

欠点は、リトリーブスピードが遅すぎるとペラの回転が止まったり、早すぎるとボディが横に傾くことがあります。

片ペラなので仕方ないですけど、リトリーブ可能領域は他のルアーよりも狭いです。

イヴォークゼロはノイジーの楽しさを堪能できる新感覚のルアーだと思いました。

イヴォークゼロの概要

イヴォークゼロ

惹き寄せる存在感、爆音ノイジー。

イヴォークボディにジュラルミン製シングルプロップが備わり、決して流麗ではないシルエットの爆音ノイジー『イヴォークゼロ』は、キモとなるシングルプロップの偏芯運動から生み出されるスクイーク音やクラップ音を水中へ騒がしく響き渡らせ、通常では惹き寄せられない深いレンジにいるバスにもアピールしバイトへと誘ってくれます。

ビッグレイクからスモールフィールド、またオープンエリアのサーチベイト的な使用でもバイトを誘発させるその威力は、モンスタークラスまでも浮かせ呼び寄せる一線を画す存在感となる、ノイジープラグです。

出典:deps|EVOKE ZERO

スペック表

EVOKE ZERO 120 EVOKE ZERO 150
サイズ 120mm 150mm
重さ 29.5g 53.5g
定価 3,740円(税込) 3,960円(税込)
発売日 2021年10月29日 不明

フックサイズ

EVOKE ZERO 120

EVOKE ZERO 150

カラーラインナップ

イヴォークゼロ カラー

出典:deps|EVOKE ZERO

  • #01 ボーンシャッド
  • #02 ブルーバックへリング
  • #03 ビジブルブラック
  • #04 スカムパーチ
  • #05 グラスキャット
  • #06 セクシーシャッド
  • #07 マットチャート
  • #08 クロムブラックバック
  • #09 ピンクバック
  • #10 ワカサギ

※全10色(2021年11月現在)

関連動画

使い方・アクション方法

イヴォークゼロ

イヴォークゼロの使い方は主に以下の2通りです。

  • ただ巻き
  • トゥイッチ&ジャーク

基本的な使い方はただ巻きで、プロップの回転によるスプラッシュ音とボディの引き波でバスを誘います。

ストラクチャーやインレットなどのピンスポットでは、トゥイッチまたはジャークで食わせる間を与えることもできます。

ただピンスポットをネチネチ探るには向いていないルアーですので、オープンエリアで広範囲に散っているバスを探し出すことがイヴォークゼロ本来の使い方です。

出しどころとしてはフィールドによって変わってくると思いますが、バズベイトを使う場所を目安としても良いでしょう。

タックルセッティング

ベイトタックル

イヴォークゼロ120のロッドはMH〜Hクラス、150はH〜XHクラスのロッドが最適です。

リールはトゥイッチやジャークなどメリハリのあるアクションを演出するにはハイギアを選んだ方が動かしやすく、ただ巻きだけで使うならノーマルギアでもOKです。

ラインは120ならフロロ16lb、150なら20lb以上あった方が安心でしょう。

イヴォークゼロは120なら一般的なMHクラスのバーサタイルタックルで十分投げられますが、150になるとビッグベイト専用タックルが必要になります。

ご自身の使用されているタックルの中から最適なものを選んで投げてみてください。

まとめ

イヴォークゼロ

今回はイヴォークゼロ120について解説しました。

イヴォークゼロはプロップによる音とウォブリングで広大なエリアでもバスを引き寄せることができるトップウォータープラグになっています。

フックもピアスクアッドがフロントに標準装備され、ラインアイはスイベル仕様になっていますので、バラシも極力減らすことができるでしょう。

トップウォーターの釣りの新たな一手として試してみてはいかがでしょうか。

新作は人気でなかなか買えないかもしれませんが、気になった方はこの記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です