アンタレスDC

シマノ「16アンタレスDC」インプレ・レビュー!飛距離100m超えの最強DCリール!

シマノ最高峰ベイトリール「16アンタレスDC」が2016年春にフルモデルチェンジされました。

4×8DCブレーキを搭載し100m超えという、かつてない飛距離を誇るモンスターリールです。

釣り場で実際に試投してきましたので、簡単にインプレしたいと思います。

16アンタレスDCの剛性感

16アンタレスDC

まず感じたことは剛性感が素晴らしい!

マイクロモジュールギアとマグネシウムフレームにより巻き心地はカルカッタコンクエストを超えるほどのトルクと滑らかさです。

リールの重量も非常に軽く作られていて(ロッドが16ポイズングロリアスっていうのもあるかもしれないけど…)12アンタレスよりコンパクト化でパーミングしやすい印象でした。

4×8DCブレーキの設定

16アンタレスDC

16アンタレスDCに搭載されている4×8DCブレーキは、外部ダイヤル8段階、内部ダイヤル4段階から選ぶことができます。

内部ダイヤルはX(エクストリームロングキャスト)がブレーキの効きが弱く、P(PE)が一番強くなります。

試しにXで普通のルアーを投げてみるとバックラッシュしそうになってしまう…

Xはメタルバイブやヘビキャロなど抵抗の少ないルアーの遠投モードなので、このモード使うときは風向きや使用ルアーに気を使うけど、設定がハマれば驚異的な遠投性能が発揮されるだろう。

ジャッカルのチャンウェイクを投げてみる

16アンタレスDC

僕はフロロを使うことが多いので今回は内部ダイヤルをFLに設定し、フロロ16lbを巻いてロッドはポイズングロリアス170H-SBでジャッカルのチャンウェイクを投げてみました。

8段階の外部ダイヤルは6に設定すると気持ちよく飛んでいく!

ダイヤルを5や4に下げていくとバックラッシュしそうになるけど、大体6〜7辺りが一番投げやすく、DC特有の後が伸びるようなフィーリングでした。

スプール径について

16アンタレスDCはスプール径が大きいので軽いルアーは投げにくく、スピナーベイトやビッグベイトやバイブレーションなど、主に3/8ozや1/2ozの中~重量級ルアーに向いています。

試しに1/4ozのルアーを投げると浮き上がりやすく、軽いルアーはSVSの16メタニウムMGLの方が投げやすく感じました。

16メタニウムMGLでも感じたことですが、ベアリングの配置がスプール内部に変わった事で回転がとてもスムーズになっていることが分かりました。

今までメカニカルブレーキ側にあったベアリングがスプール内部に移動したので、スプールの両端をベアリングがしっかり支えて「ブレないぞ」っていう感じがリールから伝わってきます。

まとめ

アンタレスDC

遠投向けのリールなのでおかっぱりで使う分にはとてもいいのですが、飛距離を必要としないボートだとオーバースペック過ぎるので、今の環境だと性能をもてあます気がしました。

しかし、おかっぱりで最も使用頻度の高い3/8ozや1/2ozのルアーを頻繁に使うなら絶対おすすめできるリールですので、飛距離はもちろん所有感まで満足できるリールです。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です