スイッチベイト アンサー

レイドジャパン「スイッチベイトアンサー」インプレと使い方!点と線の釣りを両立したウェイクベイト!

レイドジャパンのスイッチベイトアンサーを使ってきましたのでインプレします。

吉田遊プロデュース、スクラッチの兄弟分となる新しいトップウォータープラグが発売されました。

スクラッチと同じくテールにプロップが搭載され、スマートなミノー系フォルムで表層を繊細に攻められるルアーになっています。

この記事では、スイッチベイトアンサーのインプレと使い方について解説していきます。

スイッチベイトアンサーのインプレ

スイッチベイト アンサー

スイッチベイトアンサーを使った印象としては、とにかくテールのペラが良く回ります。

デッドスローリトリーブでもペラが高速回転してキラキラ光り、カラカラ音を立ててバスにアピールしてくれます。

特にジャークした後にステイさせて浮上するアクションは必見ですね!

スクラッチよりもボディがスリムなのでアピール力は弱めですが、その分広範囲をテンポ良く探れるようになり、プロペラが大きく回転が速いので想像以上に存在感がありました。

ロッド操作とリトリーブスピードさえ意識して巻けば、後はプロペラが回転してオートマチックに誘ってくれるので使い勝手が良かったです。

表層にベイトが多いフィールドやトップが熱いシーズンに使うと楽しい釣りが期待できそうですね。

スイッチベイトアンサーの概要

スイッチベイトアンサーは吉田遊プロデュース第2弾となるトップウォータープラグです。

最大の特徴はテールに搭載されたプロップ、このペラは浮上時にも回転して喰わせるための重要な役割を持っています。

ただ巻きでは水面をなまめかしく泳ぎ、波紋とペラによるスプラッシュとサウンドを発生させ「線の釣り」を可能とします。

また、トゥイッチを加えるとお辞儀するようにダイブしペラを回転させながら浮上して「点の釣り」にも対応、点と線の釣りを両立した画期的なルアーです。

スペック表

サイズ 107.5mm
タイプ フローティング
重さ 約14.5g
フックサイズ #4
定価 2,090円(税込)
発売日 2021年7月30日

カラーラインナップ

スイッチベイト アンサー カラー

出典:RAID JAPAN|SWITCHBAIT ANSWER

  • ANS001-ALL BLACKS
  • ANS002-SHIMANASHI TIGER
  • ANS003-REAL KINKURO
  • ANS004-CLOWN
  • ANS005-RISING OIKAWA
  • ANS006-FUYUU EBI
  • ANS007-SUNSET PEACH
  • ANS008-LEGEND

※全8色(2021年7月現在)

スイッチベイトアンサーの使い方

スイッチベイト アンサー

スイッチベイトアンサーの使い方は主に以下の2通りです。

  • 表層ただ巻き
  • トゥイッチまたはジャークからのステイ

基本的な使い方はただ巻きで、プロペラの回転音とウォブリングの引き波を立ててバスを誘います。

ストラクチャー周りではトゥイッチまたはジャークもおすすめです。

トゥイッチを加えると数十センチ潜り、ステイするとプロペラが回転しながらゆっくり浮上するため、バイトのタイミングを与えることができます。

ステイでは水面までしっかり浮上させることを意識することがアンサーを上手に使うコツです。

また、スクラッチとの使い分けとしては、アンサーはミノー、スクラッチはクランクと思っていただければ分かりやすいかと思います。

レイドジャパン スクラッチ

スクラッチはボリュームのあるフォルムで強い水押しと移動距離を抑えたアクションを得意とし、アピール力を重視したルアーでした。

それに対してアンサーは細長いフォルムのため、水がクリアなフィールドや広範囲を繊細に探りたい状況に向いており、尚且つトゥイッチやジャークでピンポイントの釣りにも対応しています。

個人的に河川やリザーバーではベイトフィッシュライクなアンサーがよく、野池や水路ではスクラッチかなと思っています。

タックルセッティング

ベイトタックル

スイッチベイトアンサーは約14.5gですので、一般的なMクラスのバーサタイルロッドで扱えるウエイトです。

リールはノーマルギアとハイギアどちらを選んでも問題ありませんが、トゥイッチを加えてスプラッシュを強く出して誘いたいなら素早くラインスラックが取れるハイギアが有効です。

また、表層ただ巻きだけで使用するならノーマルギアでも十分扱うことができます。

ラインは12〜14lb、表層系のルアーではナイロンラインをお勧めしますが、フロロラインでも差し支えありません。

自分のリズムやフィールドの状況に合わせたタックルを選んでみてください。

まとめ

スイッチベイト アンサー

今回はスイッチベイトアンサーについて解説しました。

様々なプロップ付きウェイクベイトがある中で線の釣りに加えて点の釣りもできるルアーは少なく、とても使い勝手が良いルアーです。

特に河川やリザーバーを中心に釣りをされている方で、表層にベイトが多いフィールドや護岸沿いを繊細に引きたいと思ったときにぴったりなルアーではないでしょうか。

これからスイッチベイトアンサーを使う方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です