ブラッドスタイル178

サニーブロス「ブラッドスタイル178」インプレと使い方!変幻自在なS字系ビッグベイト!

サニーブロスのブラッドスタイル178を使ってきましたのでインプレします。

以前からインスタやYouTubeで注目を集めていたサニーブロスのS字系ビッグベイトが発売されました。

178mmの3連結ボディに脱着式リップとテール、そして張り出した胸ビレを搭載、ジョイント式の欠点でもあったエビ絡みを防止しつつ変幻自在にカスタムできるルアーになっています。

この記事では、ブラッドスタイル178のインプレを交えながら、使い方やタックルについて解説していきます。

ブラッドスタイル178のインプレ

変幻自在にカスタムできるS字系ビッグベイト

ブラッドスタイル178

ブラッドスタイル178はS字系ルアーの中でも群を抜くほど美しいS字アクションを見せてくれます。

ただ巻きだけで滑らかなS字を描き、180°回転させる振り向きターンも可能、ダートではキレのあるアクションを簡単に演出できました。

気になった点としては浮力の高さと胸ビレの存在です。

リップを付けて使うことを想定しているからか、デフォルトでは浮力が高く水面直下しか引けませんので、ウェイトシールを多めに貼った方が良いです。

ブラッドスタイル178

また、リトリーブ中は胸ビレにフックを抱える格好となり、エビ絡みは起こりにくいもののフッキングが決まらない時がありました。

フックもやや細軸のものが使用されていて不安がありますので、別のフックに交換した方がよさそうでした。

細かい懸念点はありますが、チューニング次第でかなり化けそうなルアーだと思います。

ダウズスイマー180と比較

ブラッドスタイル178・ダウズスイマー180

ブラッドスタイル178の見た目はダウズスイマー180とよく似ていて、違いが気になった方も多いと思います。

ぶっちゃけ細かい部分を除くとまんまダウズスイマー180、ジョイントの位置まで同じです。

違うのは浮力と胸ビレ背ビレやテールの形状くらいで、泳ぎ方までダウズスイマー180と似ています。

しかしブラッドスタイル178はリップを装着できますのでカスタムの幅は広いでしょう。

ちなみにリップとテールは今後市販され、これからの展開が期待されます。

178mmという使いやすいサイズ感に脱着式リップで自在にカスタムできることがブラッドスタイル178の最大のメリットですね。

ブラッドスタイル178の概要

ブラッドスタイル178

BLOODSTYLE178は今までにはないS字アクション、その角度はおよそ180度。ターンの幅を生み出す為に考えられたのがルアー前方に抵抗を与える事、今後発売になる脱着式カスタムリップ用のホールを付ける事で抵抗が生まれ美しいダートアクションが可能になった。またカスタムリップを付けることで新たな領域へ踏み込む事が可能になり高速巻、クランキング、真冬のデッドスローや秋に効くクランキングからの浮上など、様々なアクションを生み出せる。ノーマル(出荷時)はフローティングの設定の為ウエイトシールなどでチューニングを楽しんで欲しい。リップの他に超高速巻用のテールも発売予定。パーツの組み合わせ方や、ウエイトシールの貼る位置など自分好みのBLOODSTYLEを完成させてください。

出典:SUNNY BROS|BLOODSTYLE178

スペック表

サイズ 17.8cm
重さ 52g
価格 6,050円(税込)
付属品 スペアテール付き
発売日 2022年7月初旬

カラーラインナップ

ブラッドスタイル178 カラー

出典:SUNNY BROS|BLOODSTYLE178

  • BONNY PINK(ボニーピンク)
  • FAKE BASS(フェイクバス)
  • MONSTER BAIT(モンスターベイト)
  • MAGIC CHART(マジックチャート)
  • FLASH CRACK(フラッシュクラック)

※全5色(2022年7月現在)

関連動画

使い方・アクション方法

ブラッドスタイル178

ブラッドスタイル178は、ただ巻き・テーブルターン・ダート・ジャークなど幅広いアクションに対応します。

リップ無しではただ巻きでS字アクションを基本として、リップ有りではターブルターンがおすすめです。

ルアーの集魚力を活かしてオープンエリアやストラクチャー周辺を泳がせて使うと良いでしょう。

フローティング仕様となっていますので浮力が高く、レンジを落として探りたい場合は2g〜3g程度のウェイトシールを貼って調節します。

フィールドの状況に応じてチューニングやアクションを試してみると良いでしょう。

タックルセッティング

ベイトタックル

ロッドはMH〜Hクラスのバーサタイルロッド、またはビッグベイト用のロッドを使用します。

リールはラインキャパが十分にあるベイトリール選び、ハイギアモデルならS字のアクションを活かしやすくなります。

また、ラインはフロロカーボン16〜20lbが適正範囲です。

ブラッドスタイルの重さは52gとなっており、ビッグベイトの中では比較的軽いため、ビッグベイト専用タックルではなく一般的なMHクラスでも投げられます。

ご自身の使用されているタックルの中から最適なものを選んで投げてみてください。

まとめ

ブラッドスタイル178はそのまま使っても良し、チューニングしても良し、変幻自在なS字系ビッグベイトです。

近年リップ付きビッグベイトは多々ありますが、S字系でリップが付けられるモデルは数少ないので、これまでS字系を好んで使っていた方はもちろん、初心者から上級者まで幅広くおすすめできます。

購入を検討されている方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。