ダイワ メタルバイブ SS

ダイワ「メタルバイブSS」インプレ!激安ワンコインメタルの実力!

ダイワのメタルバイブSSを使ってみましたのでインプレします。

先日釣り仲間からこのメタルを教えていただき、実釣で使ってみたら非常に扱いやすいルアーでした。

価格も安く誰にでもおすすめできますので、今更かもしれませんが簡単にインプレしようと思います。

メタルバイブSSのインプレ

ブラックバス

メタルバイブSSは価格が安いにも関わらず、他の1,000円以上するメタルに匹敵する性能を備えています。

個人的に安いルアーは動きも良くないイメージがあるのですが、メタルバイブSSを初めて使ったとき、その完成度の高さに驚きました…

レスポンスが良いのでリフト&フォールがしやすく、ただ巻きでも使えます。

あえて欠点を告げるならエビになりやすいのと、付属のスナップは頼りなかったので、カルティバのクイックスナップ#1を使った方が良さそうでした。

先日の釣行では野池で50アップを釣ることができましたし、完全に一軍入り確定です!

メタルバイブSSの概要

ダイワ メタルバイブ SS

メタルバイブSSはダイワから2018年の10月に発売されたメタルバイブです。

立ち上がりのレスポンス、リフト&フォールの移動距離の短さ、着底が感じやすいの3つを重視して開発され、初心者にも扱いやすく価格の安さと性能を両立したメタルバイブになっています。

重さは3.5g/5g/7g/10g/14gのラインナップ、カラーはグラム数によって違ってきますが全部で16色あります。

スペック表

重さ フックサイズ 色数 定価
3.5g #12 9 550円
5g #10 16 550円
7g #8 16 550円
10g #8 16 550円
14g #6 9 550円

カラーラインナップ

メタルバイブ SS カラー

出典:ダイワ|メタルバイブ SS

2019年の10月:3色追加

  • SGワカサギ
  • SGゴールドギル
  • アカキンギル

2020年の10月:4色追加

  • マットワカサギ
  • マットチアユ
  • マットブラック
  • シークレットベイト

メタルバイブSSの最大の魅力は価格が安い!

ダイワ メタルバイブ SS

メタルバイブSSの魅力は、性能はもちろんその価格、500円前後で購入できてしまいます!

釣具店によって価格は前後しますが、他メーカーのメタルバイブから比べるとダントツ安いですね。

メタルバイブは根掛かりしやすくロスト率が高いのと、重さもカラーも複数購入することが多いので、この価格設定は非常にリーズナブルだと思います。

もしロストしてしまったとしても精神的ダメージは少ないでしょう。

立ち上がりのレスポンスが良く誰でも使える!

ダイワ メタルバイブ SS

僕はこれまでメタルバイブはサーキットバイブをメインに使用していました。

メタルバイブSS(10g)と比べて思ったことは、立ち上がりのレスポンスが良いことです。

巻き始めすぐにブルブルとハイピッチに振動して、ただ巻きでもリフト&フォールでもボトムが取りやすいです。

サーキットバイブもレスポンスは良い方ですけど、サーキットボードの厚み分ブルブル感は控え目です。

メタルバイブSSは水をしっかり受けてアクションしている感覚で、レスポンスの良さはフルメタルソニックに近い感じがしました。

フックは交換した方が良いかも?

ダイワ メタルバイブ SS

メタルバイブSSにはSaqSas(サクサス)というフックが付いています。

このフックは太くて丈夫なんですけど、レスポンスを乱しているように感じましたので、リューギのピアスダブルに交換しました。

リューギのフックはフッキング率が抜群に良く強度もあるのでおすすめです。

フックで釣果はそこまで影響しないと思いますが、リューギのフックはとても信頼できますので、余裕があれば交換しておいた方が良いでしょう。

まとめ

今回はメタルバイブSSについて解説しました。

数あるメタルバイブの中でも、低価格かつ高性能な製品は他になかなかありません。

また、ダイワは入手しやすいのも魅力の一つですが、メタルバイブSSはすぐに売り切れてしまいますので、欲しいカラーやウエイトが入荷したら、早めに購入しておくことをおすすめします。

これからメタルバイブSSを使う方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です