MSクロー

デプス「MSクロー2.6インチ」インプレと使い方!ソルトにも対応した小型クロー系ワーム!

デプスのMSクローを使ってきましたのでインプレします。

黒田健史プロデュースの小型クロー系ワームが発売されました。

大きな爪とリングボディ、そしてピリピリと微波動を出す複数のアームを搭載し、コンパクトながらも絶大なアピール力を生み出すクロー系ワームになっています。

この記事では、MSクローを実釣で使ったインプレを交えながら、使い方やリグについて解説していきます。

MSクロー2.6インチのインプレ

MSクロー

MSクローを使った印象としては、思ったよりも小ぶりで微波動系のクローワームでした。

爪や足が小刻みにレスポンス良く動いて、ボディのリブが水を噛み小型ながら引き抵抗の強い使用感です。

2.6インチというサイズはソルトでも使うことを想定しているからかバス釣りには少し小さく、個人的にワンサイズ大きいものも欲しいと思いました…

しかし、野池や水路など小場所では使いやすいサイズ感で、リグ問わず色々な使い方ができそうです。

MSクロー

気になった点としては、ボディのリブは針先を隠しにくくカバーでは根がかりしやすいのと、耐久性も低くすぐにボロボロになります。

ただし8本で660円という価格はかなりコスパが良くガンガン使っていけますね。

小型のクロー系を探していた方やソルトでも使いたい方におすすめのワームです。

MSクロー2.6インチの概要

MSクロー

強波動を生む、コンパクトクロー。

大きくバタつかせ激しい水流撹拌動作をみせる大きいクローと、コンパクトボディながらも存在感をみせるリングボディは、バスを惹きつけることはもちろんのこと、確かな操作感を与えてくれるクローワームです。リトリーブやフォール、ボトムバンプやシェイキングなど、様々なアクションやリグに対応するマルチスペックは、プレッシャーのかかる難易度の高いシチュエーションやフィールドでも、高い次元で釣果をもたらしてくれるでしょう。

出典:deps|MS CRAW

スペック表

サイズ 2.6インチ
入数 8個
フックサイズ オフセットフック #2~#1
定価 660円(税込)
発売日 2022年6月29日

カラーラインナップ

MSクロー カラー

出典:deps|MS CRAW

  • #06ブラック
  • #10ナチュラルプロブルー
  • #12グリーンパンプキン
  • #18ブルーマロン
  • #28スカッパノン
  • #45サクラベビー
  • #51グリーンパンプキン・オレンジ
  • #52グリーンパンプキン・チャートリュース
  • #71グリーンパンプキン/ブルーフレーク
  • #144ゴリ

※全10色(2022年6月現在)

関連動画

使い方・おすすめリグ

MSクロー リグ

MSクローは様々なリグに対応しますが、基本となるリグは以下の通りです。

  • テキサスリグ
  • フリーリグ
  • キャロライナリグ
  • ラバージグのトレーラー

今回はクロー系ワームで定番の「テキサスリグ」と「ラバージグのトレーラー」に絞って解説していきます。

テキサスリグ

MSクロー(テキサスリグ)

MSクローの推奨フックサイズは#2~#1ですが#1/0でも良いです。

シンカーの重さは3.5g〜10gをカバーや水深に合わせて使い分けます。

カバーが濃く水深も浅いなら3.5g〜5gの軽めのウェイトが扱いやすく、水深が深ければ10gくらいまでシンカーを重くしても良いです。

道糸にはシンカーストッパーを付けてしっかりペグ留めします。

動かし方としては、カバー撃ちだけでなくズル引き・ボトムパンプ・シェイクなど様々です。

とりあえずMSクローで釣りたいと思ったならテキサスリグから始めてみると良いでしょう。

ラバージグのトレーラー

MSクロー(ラバージグ)

MSクローはフットボールジグ・ラバージグ・スモラバのトレーラーとしておすすめです。

合わせるジグは例えば以下と相性が良いです。

  • エバーグリーン TGブロー
  • ボトムアップ ギャップジグ
  • OSP ゼロスリーハンツ
  • レイドジャパン エグダマシリーズ

他にも色々ありますが、MSクローは2.6インチという小ぶりなサイズ感のため、コンパクトタイプのジグから選ぶことになります。

大きな爪がバタバタと動いてアピールしてくれますので、コンパクトなジグでも存在感を増すことができ、アピール力を高めたいときに最適です。

タックルセッティング

ベイトタックル

タックルはワーム単体で使うかトレーラーとして使うかによって若干変わっています。

基本的にはベイトタックルを使い、ロッドの長さは6.6ft前後、硬さはML〜Mクラス、調子はレギュラーファーストまたはファーストのものを使用します。

テキサスリグやフリーリグで軽めのシンカーを使う場合はMLクラスで十分ですが、ジグのトレーラーとして使うならMパワー以上のロッドが必要になってきます。

リールはハイギアを選び、ラインはフロロ10lb〜14lbあたりで問題ないでしょう。

ご自身の使用されているタックルの中から最適なものを選んで投げてみてください。

まとめ

今回はMSクロー2.6インチについて解説しました。

MSクローはバス釣りはもちろんソルトでのチニングやロックフィッシュに対応し、小刻みに動く爪と足で小型クロー系ワームとしてはアピール力が強い部類になっています。

価格が安くコスパが良いうえに様々なリグやトレーラーとして使えるので使い道は多いでしょう。

購入を検討されている方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。