MSグラブ

デプス「MSグラブ4インチ」インプレと使い方!様々なリグにマルチに対応するグラブワーム!

デプスのMSグラブを使ってきましたのでインプレします。

前回ご紹介した「MSクロー」に続いてデプスから新作のグラブワームが発売されました。

ボリューム感のあるボディとレスポンスが良いテールを搭載し、デプスのこだわりがつめこまれたワームになっています。

この記事では、MSグラブを実釣で使ったインプレを交えながら、使い方やリグについて解説していきます。

MSグラブ4インチのインプレ

MSグラブ

MSグラブを使った印象としては、グラブの使いにくさを解消して現代にマッチさせたグラブですね。

グラブってよく釣れるんですけど、リグが限定されたり消耗が激しかったり、近年は敬遠されがちのように思います。

MSグラブは様々なリグで使えるように設計されており、グラブの中ではかなり汎用性が高い印象でした。

素材に関して言えば、マテリアルが柔らかく動きがとても滑らかです。ただ巻きでは良く動き、放置でもテールが自発的に誘ってくれます。

また、テールはコンパクトな形状ながらも水を受ける面積が広く、柔らかいマテリアルと組み合わさってリアルなアクションを生み出してくれます。

MSグラブ

気になった点としては、テールの耐久性はそれほど高くありません。

使い続けていると千切れてしまうことが何度かありますが、ゲーリーのグラブよりも強度は高く、思ったよりも頑丈でした。

飛距離ではワーム単体で10gもの重さがあり、シンカー無しでもよく飛びフォールスピードも早いです。

ワーム単体で使うのはもちろん、ジグやチャターのトレーラーとしても良かったです。

最近はシャッドテール系が人気でグラブ系はあまりそそられないかもしれませんが、グラブに興味があってマルチに使いたいならMSグラブはおすすめです。

MSグラブ4インチの概要

MSグラブ

マルチスペック・グラブ。

スイミング・ボトムバンプ・放置など様々なアクションでも、僅かな水の動きにも反応するレスポンスの良いテールは、テキサスリグ、ドロップショットリグ、ノーシンカー、トレーラーなど様々なリグにマルチに対応。またテール端面に巡る骨格のようなリブがテールにハリを持たせることで、トルクのある水押し波動を発生させます。ボリュームあるボディは、ベイトやスピニングタックルでもキャストし易く、遠投性能の高いウェイトにより、特に足場の限られるオカッパリアングラーには、一歩先のカバーへと送り込むことができる、使い勝手の良いグラブです。

出典:deps|MS GRUB

スペック表

サイズ 4インチ
重さ 9.4g
入数 6個
フックサイズ オフセットフック #4/0~#5/0
定価 880円(税込)
発売日 2022年6月29日

カラーラインナップ

MSグラブ カラー

出典:deps|MS GRUB

  • #02ウォーターメロンシード
  • #04スモーク/シルバーフレーク
  • #06ブラック
  • #09パールホワイト/シルバーフレーク
  • #11ウォーターメロン/ブルーフレーク
  • #12グリーンパンプキン
  • #28スカッパノン
  • #45サクラベビー
  • #74アンバーシャッド

※全9色(2022年6月現在)

関連動画

使い方・おすすめリグ

MSグラブ リグ

MSグラブは様々なリグに対応しますが、基本となるリグは以下の通りです。

  • テキサスリグ
  • ノーシンカーリグ
  • ラバージグトレーラー
  • ドロップショットリグ
  • キャロライナリグ

フックはオフセットフックを使用して推奨サイズは#4/0~#5/0です。

色々なメーカーのフックを試した中でMSグラブに最適なものは以下の2つです。

MSグラブ フック

MSグラブのボディの背中には突起が付いており、そこに針先を隠すようにセットします。

使い方はリグによって変わってきますが、「テキサスリグ」または「ノーシンカーリグ」が一番使いやすいと思います。

スナッグレス性能が高いのでストラクチャーやゴミが多い場所でも使うことができ、水面直下からボムまで幅広いレンジを探ることができます。

アクションとしては、ただ巻き・放置・ボトムズル引きなど、どんなメソッドにも対応できるのがMSグラブの特徴でもあります。

タックルセッティング

ベイトタックル

タックルはワーム単体で使うかトレーラーとして使うかによって若干変わっています。

基本的にはベイトタックルを使い、ロッドの長さは6.8ft前後、硬さはM〜MHクラス、調子はレギュラーファーストまたはファーストのものを使用します。

ノーシンカーリグではMクラスで良いですが、テキサスリグやジグのトレーラーとして使うならMHのロッドが必要になってきます。

リールはハイギアを選び、ラインはフロロ14lb〜16lbが適正範囲です。

ご自身の使用されているタックルの中から最適なものを選んで投げてみてください。

まとめ

ブラックバス

今回はMSグラブ4インチについて解説しました。

MSグラブは様々なリグやトレーラーにマルチに対応し、汎用性が高いグラブになっています。

柔らかい素材と自発的に動くテールが、巻いているときもフォールしているときもしっかりアピールしてくれて、バスを誘い続けてくれます。

購入を検討されている方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。