スウィートキラー

デプス「スウィートキラー」インプレと使い方!Vテール装着やリップチューン方法も解説!

デプスのスウィートキラーを使ってきましたのでインプレします。

2021年度のデプスWebメンバー入会特典として貰えるスウィートキラーが先日手元に届きました。

当方は毎年会員になっている訳ではなく、欲しい特典があるときのみ入会しており、今回このルアーが欲しくなって入会した次第です。

会員になった人は既に使っていると思いますが、会員にならなかった人はメルカリやヤフオクなどで狙っている方も多いはず。

そこで今回はスイートキラーのインプレと使い方について解説していきます。

スウィートキラーのインプレ

スウィートキラー

スイートキラーを使った印象としては思っていた以上にコンパクトでした。

最初はタイニークラッシュやブラストボーンをイメージしていたのですが、通常のプラグや小型ビッグベイトに近い感覚で扱うことができます。

アクションはただ巻きから首振りまで幅広く対応し、巻き続けると最大で1mくらいまで潜ります。

また、カラーの視認性が良く、マーカーシールを貼らなくてもルアーの動きを確認できるのも良かったです。

アピール力は弱めですが、コンパクトになったことでタイニークラッシュ等では難しかった早い動きやテクニカルな操作が可能でした。

しかし、一点での首振りやデッドスロー巻きではタイニークラッシュの方が優秀です。

スイートキラーはドッグウォーク特化型というより、どんな場所でもどんなタックルでも、ただ巻きから首振りまで幅広く使える万能なルアーではないでしょうか。

スウィートキラーの概要

スウィートキラー

スウィートキラーは2021年度デプスWebメンバーの入会特典として貰える会員限定ルアーです。

釣具店では販売されておらず、2021年2月1日〜28日の間にデプスの公式サイトから入会された方のみ対象。

入会費2,500円(ファミリー会員¥2,000)を払うともれなく貰えます

サイレントキラー145のコアボディをベースに、最近流行のドッグウォークアクションを可能としたルアーになっています。

テールはサカマタシャッドから転用されたエラストマー製のテールを搭載、リップは取り外し可能なポリカーボネイト製ワイドリップが採用されています。

スペック表

タイプ フローティング
サイズ 175mm
重さ 1.2oz(約33g)
フックサイズ 前後 #3
発売日 2021年6月下旬

スペアパーツ

個数 価格 発売日 購入先
スペアリップ 1個入 330円(税込) 2021年7月13日 deps ONLINE STORE
スペアテール 2個入 550円(税込) 2021年7月13日 deps ONLINE STORE

リップとテールの取付方法

関連動画

タイニークラッシュのVテールを装着

スウィートキラー・タイニークラッシュVテール

スイートキラーにはタイニークラッシュのVテールが装着できます。

しかし、そのまま差し込もうとすると上手く入らないかもしれませんので、Vテールをスイートキラーの差込口に合わすようにハサミで削って加工する必要があります。

ちょっと無理やりなチューンかもしれませんが、Vテールを装着することで動きを抑えつつルアーを長く見せる効果があります。

純正テールでは物足りないときの裏技として試してみると良いでしょう。

スウィートキラーのリップチューン

デプスの前田プロが解説されていたチューニング方法です。

親指でリップを押して曲げるというもので、スウィートキラーをミノーのように扱うことができるとのこと。

実際に試してみると、確かに手で簡単にリップを曲げることができましたが、反発が強く時々曲げ直す必要がありました。

アクションは曲げていないリップから比べると、レンジを落として探れるようになり、巻きメインで使いたいときに良さそうでした。

逆に首振りアクションは鈍くなり、ドッグウォークをメインに使いたい場合は通常のリップの方が良かったです。

スペアリップを曲げておくことでフィールドに合わせた使い分けができそうですね。

使い方・アクション方法

スウィートキラー

スイートキラーはただ巻きはもちろん、移動距離を抑えたドッグウォークやリーリングでのデジ巻きで使うことができます。

  • ただ巻き
  • ドッグウォーク
  • デジ巻き

使い方は釣り場の状況によって変わってくると思いますが、どのアクションでもベイトフィッシュらしさを高次元に演出してくれます。

ただ巻きでは岸沿いやオープンエリアを広く巻いて探り、ドッグウォークではストラクチャーやカバーなどピンポイントを狙いたい場合に効果的。

様々なジョイントベイトがある中でスイートキラーは操作しやすい部類に入ると思いますので、誰でも使いこなすことができるでしょう。

タックルセッティング

ベイトタックル

ロッドはM〜MHクラスのバーサタイルロッドが推奨されています。

リールはドッグウォークやリーリングなどメリハリのあるアクションを演出するにはハイギアを選んだ方が動かしやすく、ただ巻きで使うにはノーマルギアでもOKです。

ラインはフロロの16lbを基準として、深く潜らせたいときは14lbに落としても良いでしょう。

スイートキラーはビッグベイトのような専用タックルを必要とせず、一般的なタックルで十分投げることができます。

まとめ

今回はスイートキラーについて解説しました。

ただ巻きからドッグウォークまで高次元に対応し、誰でも使いやすいルアーに仕上がっています。

特に175mmというサイズは小規模なフィールドから大規模なフィールドまで幅広く使えるのでとても重宝しますね!

これからスイートキラーを使う方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です