アイルトン

ガンクラフト「アイルトン63MR」インプレ!ミドルレンジまで攻略できる撃ちゃん渾身のクランクシャッド!

ガンクラフトのアイルトン63MRを使ってきましたのでインプレします。

吉田撃プロデュースの新しいシャッドプラグが発売されました。

コンパクトながらも強いアピール力を備え、ただ巻きに特化したオールラウンドなシャッドプラグに仕上がっています。

この記事では、アイルトン63MRのインプレと使い方について解説していきます。

アイルトン63MRのインプレ

アイルトン

アイルトンを使った印象としては、クランクベイトとシャッドのいいとこ取りをしたようなルアーですね。

シャッドって一般的に細身のタイプが多いですが、アイルトンは63mmの大きさがあり、ボリューム感のあるボディのためアピール力が強いです。

アクションもキビキビ動いてくれて他のシャッドよりも深く潜ります。

足元が浅い場所では根掛かりしそうで怖いですが、水深がある場所なら深いレンジを探れて、特に低水温期に良さそうでした。

リトリーブスピードもスロー巻きから早巻きまで幅広く対応し、飛距離もコンパクトながらよく飛びます。

ですが、飛距離だけで言うと「ダウズビドー90SP」や「ソウルシャッド68SP」には一歩及ばない印象…

アイルトンは根掛かりが多いフィールドには向かないかもしれませんが、幅広いレンジをカバーできるシャッドプラグですね。

河川やリザーバーなどあらゆるフィールドで、広範囲を巻いて探りたい方におすすめできるルアーだと思います。

アイルトン63MRの概要

アイルトン

アイルトン63MRは吉田撃プロデュースのシャッドプラグです。

アイルトン63MRの特徴

  • シャロー~ミドルレンジを撃つハイアピールただ巻き設計
  • 細身シルエット+パワフルアクション
  • ポーズでゆらめき浮上「シミーフロートアクション」

アイルトンはただ巻きで使うことをコンセプトに開発され、細身のシルエットながら抜群のアピール力を備え、シャローからミドルレンジを攻略できます。

障害物の回避にも優れた設計のため、地形変化の激しいボトムやストラクチャーがある場所にも対応可能。

ポーズ時にはシミーフロートと呼ばれるゆらゆらと浮上するアクションを発生させ、メリハリの効いたアクションを演出できます。

スペック表

サイズ 63mm
タイプ・最大深度 フローティング・約2.5m
重さ 約7.3g
フックサイズ フロント・リア #6
定価 1,760円(税込)
発売日 2021年6月12日

カラーラインナップ

アイルトン カラー

出典:GAN CRAFT|Ayrton63 MR

関連動画

アイルトン63MRの使い方

アイルトン

アイルトンの使い方は基本ただ巻きです。

シャッドプラグ全てに言えることですが、地形変化やストラクチャー周りに投げてひたすら巻くを繰り返します。

シャッドの良い点は広範囲をテンポ良く探れることで、一度投げて釣れなかったとしても角度を変えたりコースを変えたりして何度もアプローチすることで釣れる場合がよくあります。

リトリーブスピードは、シャローやカレントが絡む場所なら早巻きで釣れることが多く、水深がある場所なら中速巻きが最もバイト率が高いです。

また、低水温期かハイシーズンかによっても巻くスピードは変わってくるため、季節やその日の状況に合わせてリトリーブスピードを変えると良いでしょう。

アイチューニングは必須

アイルトン

シャッドを真っ直ぐ泳がすためにはアイチューニングが必須です。

購入して初めて使うときはアイの位置がズレていることが多く、試し投げして真っ直ぐ行くか確認し、横に泳ぐようならアイチューナーで調整すると良いでしょう。

今回買ったアイルトンは少し横方向に泳いでいましたので「アイチューナー」で微調整するとしっかり泳ぐようになりました。

釣れるシャッドというのは真っ直ぐ泳ぐことですので、アイルトンに限らずシャッドを使う前には必ず確認しておいたほうが良いです。

タックルセッティング

ベイトタックル

アイルトンに最適なロッドはMLクラスのバーサタイルロッドが最適です。

リールは早巻きにも対応できるようハイギアを選び、シマノでは20メタニウムHGに「夢屋シャロースプール」を入れたものや「18アルデバランMGL HG」辺りとなります。

ちなみに撃ちゃんが使用されているタックルを載せておきます。

ロッドは7.3gしかないシャッドを投げるにはやや硬めのロッドを使用されているようですね。

プロトロッドのテストも兼ねているからかもしれませんが、ML〜Mクラスのロッドであればアイルトンを快適に使うことができるかと思います。

まとめ

今回はアイルトンについて解説しました。

MRだから仕方ないかもしれませんけど、少し潜り過ぎかなと思いましたのでSRモデルも出してほしいですね。

しかし、よく潜るということは底にゴリゴリ当てながら巻きやすく、水深がある場所ならしっかり深いレンジまで探れるので、状況が合えば重宝しそうです。

それ以外は完成度の高いシャッドプラグですので、シャッドに慣れていない方にもおすすめできるルアーではないでしょうか。

これからアイルトンを使う方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です