950登録

950登録を自分で行う方法【必要書類や陸運局での流れも紹介】

ボートトレーラーの牽引準備のため岡山運輸支局へ950登録に行ってきました。

950登録とは、記載された範囲内のトレーラーなら何でも牽引できるようになる、牽引する車に行う登録です。

今回は950登録の必要書類や運輸支局で体験した手続きの流れをご紹介します。

950登録の必要書類

自分で用意するもの

  • 牽引する車の検査証
  • 牽引可能なキャンピングトレーラ等の車両総重量の計算書
  • 印鑑(認印)

運輸支局でもらえるもの

  • 自動車検査票
  • 手数料納付書
  • 申請書OCR第1号様式
  • 登録事項等補助シートOCR第10号様式

自分で用意するものは検査証と計算書と印鑑のみ、その他は手続き当日に運輸支局で手に入ります。

一番悩むのは、牽引可能なキャンピングトレーラ等の車両総重量の計算書(連結検討書)だと思いますが、これは次の手順で作成します。

ちなみに、作成を代行してくれる業者もあるようですが費用がかかるため、自分でやった方がお得です。

牽引可能なキャンピングトレーラ等の車両総重量の計算書

牽引可能なキャンピングトレーラ等の車両総重量の計算書

計算書の作成はこちらのサイトを使いました。

ある程度は検査証を見ながら作成できますけど、検査証には記載されていない項目がいくつかあります。

僕が所有しているフォレスターXT(形式:DBA-SJG)は以下3つの項目が不明でしたので、スバルの問い合わせフォームから問合せました。

  • 制動停止距離:(m) (初速 (km/h))
  • 主ブレーキ:減速度 (m/s2)
  • 駐車ブレーキ:制動力 (N) (操作力 (N))

2日後に回答が届き、サイトに情報を入力すると計算書が完成します。

後はこれを印刷して運輸支局に持っていくのですが、僕は家にプリンターが無いのでPDF出力にしてコンビニでネットプリントしました。

ちなみにフォレスターXTの完成した計算書はこちら(PDF型式)です。

950登録を行った手続きの流れ

岡山運輸支局

ここからは岡山運輸支局で経験した内容になります。

管轄の運輸支局によって手続きの流れは変わってくると思いますので、他県の方は参考程度にご覧ください。

①登録相談窓口

岡山運輸支局

①番の登録相談窓口に行き整理券を取って呼ばれたら、950登録をしたいと伝えます。

そこで「自動車検査票」を持ってるか聞かれたので、持ってないというと以下の書類がもらえます。

  • 手数料納付書
  • 申請書OCR第1号様式
  • 登録事項等補助シートOCR第10号様式

そして、⑤番のユーザー車検受付/検査・整備相談窓口で「自動車検査票」をもらうように指示されます。

⑤ユーザー車検受付/検査・整備相談窓口

手数料納付書・自動車検査票・OCR第1号様式・OCR第10号様式

「自動車検査票」を受け取り、以下3つの書類に記入します。

  • 自動車検査票
  • 手数料納付書
  • 申請書OCR第1号様式

このとき「登録事項等補助シートOCR第10号様式」は記入せず後回しでOKです。

書類には住所と氏名、車検証を見ながら登録番号・車名・型式・車体番号・原動機の型式などを記入していきます。

記入を終えたら再度⑤番窓口に行き、書類をチェックされます。

ここで計算書は作ってきたかと聞かれ、僕は作って行ったので見せると、検査場の測定室に行くように指示されます。

※計算書を作ってなかった場合はどうなるか分かりません。

検査場の測定室

岡山運輸支局の測定室は検査場の一番奥にあります。

測定室の窓口で950登録していることを伝えて書類と計算書をわたすと、個室のようになっている場所で少し待つように言われます。

約2〜3分で書類一式が戻ってきて「自動車検査票」の備考欄に(950)…と赤字で記入されていました。

それから検査場出口の総合判定室に行くよう言われ、そこで再び書類を確認されて、③番の登録受付窓口に行くように指示されます。

③登録受付窓口

自動車検査票・OCR第10号様式

③番窓口で書類一式見せると、先ほど測定室で「自動車検査票」に赤字で記入された、1990kg及び680kgとする。という部分を「登録事項等補助シートOCR第10号様式」の四角い枠に1文字ずつ記入するように言われます。

記入して③番窓口のボックスに入れて、番号カードを持って待ちます。

②交付窓口

自動車検査証

約10分後、②交付窓口で番号が呼ばれ、新しい車検証を受け取ります。

車検証を確認すると備考欄に950と記載されていました!

ここで自動車会館の22番窓口「自動車税各種申告・申請」に行くように言われましたが、行って聞いてみると備考欄の変更だけなので申請は不要と言われました。

これで950登録の手続きは完了です!

まとめ

慣れない書類への記入は少し時間がかかりましたけど、思ったよりスムーズにいって1時間程度で終わりました。

計算書を事前に作成して行ったか、作成せずに行ったかで、所要時間はだいぶ違ってくると思います。

ネットで作った計算書は、岡山運輸支局の形式に書き直す必要があるのでは?と思いましたが、そのままで大丈夫でした。

950登録は代行してもらうと数万円かかるようですが、自分ですると無料で手続きもそれほど難しくないのでおすすめです。

トレーラーを牽引する予定がある方は、この記事を参考にチャレンジしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です